軍曹

ぐんそう
上映日
1970年7月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

デニス・マーフィの原作を、彼自身が脚色。監督はジョン・フリンで、これが監督第1作。音楽は「バーバレラ」のミシェル・マーニュ、撮影は「凶悪犯」のアンリ・ペルサンが担当。出演は「夜の大捜査線」のロッド・スタイガー、「黄金の眼」のジョン・フィリップ・ロー、新人リュドミラ・ミカエル、他にフランク・ラティモア、エリオット・サリヴァンなど。製作は「南海の楽園」のリチャード・ゴールドストーン。

みんなのレビュー

「軍曹」のレビューを書く

「軍曹」のストーリー

ベテラン曹長アルバート・カラン(ロッド・スタイガー)が、フランス駐留のアメリカ陸軍中隊に赴任して驚いたのは、その軍律の乱れだった。勲章十字章が何より自慢なカランは、苦りきった。が、そんな中で、スワンソン1等兵(ジョン・ロー)だけは、彼に清新な印象を与えた。カランはスワンソンに中隊事務室付きになるよう勧め、スワンソンも迷いながらこれを承諾した。スワンソンにはソランジュ(リュドミラ・ミカエル)という恋人がいたが、事務室付きになってからの彼は、カランの都合で、ソランジュとの約束を破らねばならぬこともたびたびだった。そのため、スワンソンとソランジュの仲は決裂した。こんなことから、カランとスワンソンは、一緒に過ごす時間が多くなり、親密さを増した。カランは、スワンソンを独占した喜びで一杯だった。カランは、何度もスワンソンに「部下としても、友としても君を大切に思っている」というのだった。一方、ソランジュは、スワンソンと会えぬ日々に耐えきれず、ついに兵営にまでやって来てしまった。再会に狂気する2人。この場を偶然みたカランは逆上し2人を口汚くののしった。この時から、カランとスワンソンの間は気まずくなった。再び孤独になったカラン。カランはその寂しさを紛らすために、酒に溺れていった。勤務中にまで酒を飲むようになったカランに、中隊長(フランク・ラティモァ)は、免官を言い渡した。その翌日、銃器庫からライフルを持ち出したカランは、朝もやの森で寂しい一生を閉じた。

「軍曹」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「軍曹」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年7月15日
製作会社 ロバート・ワイズ・プロ
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「軍曹」のみんなのレビュー

「軍曹」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「軍曹」を観ているあなたにおすすめの映画