武闘の帝王

ぶとうのていおう
上映日
1993年9月20日

製作国
日本

上映時間
87分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

総長の座を巡る血塗られたヤクザ組織の内部抗争を、武闘派組長を中心に描くバイオレンス映画。溝口敦の同名原作(光文社カッパ・ノベルス・刊)をもとに、「ファンキー・モンキー・ティーチャー2 東京進攻大作戦」の高瀬将嗣が監督。脚本は「打鐘」の真壁俊幸が担当。スーパー16ミリ。

「武闘の帝王」のストーリー

国松組組長・国松保助が対立組織・黄革会のヒットマンに狙撃された。傘下の加賀組組長・加賀重造は、黄革会の会長・丹羽を狙うべく、彼の愛人・律子の勤めているクラブへ自分の愛人の美穂を潜入させる。そして丹羽の居所を突き止めヒットマンの木暮と山中を送り込むが、加賀の死んだ兄貴分の弟でバーテンの中原がもののはずみで丹羽を殺してしまった。加賀は中原を匿い、丹羽殺害は加賀の手柄として病院の国松に報告され、これをきっかけに加賀は理事長の徳山の後押しもあって一気に国松組の理事長補佐にまで上りつめる。だが徳山と対立し、時期総長の座を狙う村上はそれを快く思わず、丹羽殺しの真相を聞きつけると加賀に揺さぶりをかけだした。折しも国松が病院で息をひきとり、次期総長を賭けた徳山派、村上派の血塗られた内部抗争が開始された。その先頭に立ち、指揮をとる加賀は着々と成果をあげていくが、部下の裏切りもあり中原が村上の手に拉致されてしまう。加賀は単身中原を助けに乗り込むが、既に中原も、律子や美穂も殺されてしまっていた。ただ一人残った加賀は、大勢の敵に囲まれた中、一人銃を手に立ち向かって行った。

「武闘の帝王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「武闘の帝王」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1993
公開年月日 1993年9月20日
上映時間 87分
製作会社 シネマパラダイス作品(製作協力*サム・エンタープライズ)
配給 ヒーロー
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「武闘の帝王」のみんなのレビュー

「武闘の帝王」のレビューを書く

「武闘の帝王」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません