グレート・ワルツ

ぐれーとわるつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「望郷」「舞踏会の手帳」に次いでジュリアン・デヴィヴィエが渡米しての監督作品で、「大都会」「大地」のルイゼ・ライナー、「薔薇のワルツ」のフェルナン・グラヴェ、ウイーンから来た歌姫ミリッツァ・コリウスが主演するもの。ストーリーは「私の行状記」のゴットフリード・ラインハルトが書卸し、「真珠の首飾」「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「女ひとり」「男は神に非ず」のウォルター・ライシュが協力して脚本を書いている。キャメラは「激怒(1936)」「大都会」のジョゼフ・ルッテンバークが当っている。ヨハン・シュトラウスの音楽を「わが家の楽園」「北海の子」のディミトリ・ティオムキンが編曲し、歌詞はオスカー・ハマースタイン2世2世が新たに書き、音楽指揮にはウイーンから来たアルツール・グットマンが当っている。舞踏、アンサンブルはアルバーチン・ラッシュが振りつけた。助演は「ハリウッドホテル」のヒュー・ハーバート及びカート・ボイス、「スペイン協奏曲」のライオネル・アトウィル、「将軍暁に死す」のレオニード・キンスキー、「忘れじの歌」のジョージ・ヒューストン、「サンフランシスコ」のアル・シーン、「君若き頃」のハーマン・ビング及びシグ・ルーマン、「アヴェ・マリア」のクリスチャン・ラブ、バート・ローチ、グレタ・マイヤー等である。
「望郷」「舞踏会の手帳」に次いでジュリアン・デヴィヴィエが渡米しての監督作品で、「大都会」「大地」のルイゼ・ライナー、「薔薇のワルツ」のフェルナン・グラヴェ、ウイーンから来た歌姫ミリッツァ・コリウスが主演するもの。ストーリーは「私の行状記」のゴットフリード・ラインハルトが書卸し、「真珠の首飾」「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「女ひとり」「男は神に非ず」のウォルター・ライシュが協力して脚本を書いている。キャメラは「激怒(1936)」「大都会」のジョゼフ・ルッテンバークが当っている。ヨハン・シュトラウスの音楽を「わが家の楽園」「北海の子」のディミトリ・ティオムキンが編曲し、歌詞はオスカー・ハマースタイン2世2世が新たに書き、音楽指揮にはウイーンから来たアルツール・グットマンが当っている。舞踏、アンサンブルはアルバーチン・ラッシュが振りつけた。助演は「ハリウッドホテル」のヒュー・ハーバート及びカート・ボイス、「スペイン協奏曲」のライオネル・アトウィル、「将軍暁に死す」のレオニード・キンスキー、「忘れじの歌」のジョージ・ヒューストン、「サンフランシスコ」のアル・シーン、「君若き頃」のハーマン・ビング及びシグ・ルーマン、「アヴェ・マリア」のクリスチャン・ラブ、バート・ローチ、グレタ・マイヤー等である。

「グレート・ワルツ」のストーリー

若きヨハン・シュトラウスはウィーンの銀行に勤めていたが、仕事はそっちのけで作曲に没頭していたのでとうとうくびになってしまった。彼は意気揚々と銀行を出ると、恋人であるパン屋の娘ボルディの心配をよそに、近所の音楽愛好者たちを集めて管弦楽団を組織し、自分の作曲したワルツをカフェーで演奏した。それは始め客に喜ばれなかったけれどもそこへ帝室オペラ劇場の歌姫カーラと歌手シラーが現われて称賛したことから、町行く人々まで楽の音に聞きとれるのだった。カーラはこの若い作曲家に興味を感じて、彼女のパトロンであるホーヘンフリード伯の夜会に招待した。そしてその席で、彼女はシュトラウスの作曲になるワルツを歌った。当時ウィーンの上流社会では、ワルツは野卑名曲として軽蔑されていたが、その場に居た紳士淑女はことごとくそれに魅惑された。翌日シュトラウスの許を訪れた出版屋は彼の楽譜出版を契約し、一躍にして彼は楽壇に乗り出した。シュトラウスの胸にも何時かカーラの妖艶な姿が焼着けられたが、彼女が伯爵の愛人であることを知ってきっぱりと諦め、彼を心から愛するボルディと結婚することになった。その頃ウィーンでは貴族政治に反対する民衆運動が行われ、ある日シュトラウスは先頭に立って示威行進をしてホーヘンフリード伯の屋敷へ押しかけ、そこに居たフランル・ヨセフに誰とも知らず無礼な振る舞いをした。ちょうどそこへ来合わせたカーラがこの騒ぎに巻込まれたので、シュトラウスは彼女を助けて馬車に乗り、一夜をウィーンの森に明かしたが、それ以来2人の間には断ち難い愛情が生まれた。次の日シュトラウスは民衆運動が勝利を得てフランツ・ヨセフが王位についたことを知ったが彼が昨日無礼を働いた士官が他ならぬ王であるのに驚くのだった。間もなくカーラの勧めで彼のオペラが上演されるようになった頃には、シュトラウスは貞淑なボルディを愛しながら、カーラとの恋は断ち難いものに進んでいた。オペラは連日好評をつづけたが、家庭を守るボルディは毎日淋しく家にいるのだった。いよいよ最終日の夜に彼女を訪れたのは意外にもホーヘンフリード伯であった。彼はカーラへの愛を訴え、ボルデュの力で2人の間を割いてくれというのだった。ボルデュは堅い決心をして家を出て劇場へ向った。シュトラウスとカーラはその夜一緒に旅に出るのである。しかし劇場で2人の顔を見ると、彼女はただオペラの成功した祝いを述べただけで外へ出ると、そのままよよと泣き伏した。シュトラウスとカーラはダニューブ河岸へ馬車を走らせたが、2人の間にはボルディの姿が消えなかった。そして川を舟が離れる場所で2人は永久に別れた。それから歳月が流れて何十年か後に、国民的作曲家として老いたるシュトラウスはフランツ・ヨセフに拝謁を仰せつけられた。うれしげにほほえむホルディの顔。歓呼の声をあげる群衆の中から、かつてのカーラの歌声が聞こえる気がするのであった。

「グレート・ワルツ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グレート・ワルツ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM映画
レイティング

「グレート・ワルツ」のみんなのレビュー

「グレート・ワルツ」のレビューを書く

「グレート・ワルツ」をBlu-ray/DVDで観る