グレートロックの決闘

ぐれーとろっくのけっとう
上映日
1963年9月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

クラレンス・バディントン・ケランドのベスト・セラー小説を「去りゆく男」のラッセル・ヒューズが脚色、「無法街の決闘」のエドウィン・L・マリンが監督した西部劇。撮影は「機動部隊」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「マッコーネル物語」のマックス・スタイナーである。出演者は150本の西部劇に主演して引退を声明した「西部のガン・ベルト」のランドルフ・スコット、「西部のバリケード」のレイモンド・マッシー、新人アデール・ジャーゲンス、S・Z・サコールなど。

「グレートロックの決闘」のストーリー

シュガーフット(ランドルフ・スコット)が除隊後アリゾナのラパスでその町とプレスコという町を往き来している商人ドン(S・Z・サコール)と知り合い、一緒に商売をすることになった。ある日シュガーフットはジャコブ(レイモンド・マッシー)たちにからまれていた酒場の歌手リヴァー(アデール・ジャージェス)を救ったが、そのため彼の恨みを買った。ドンから渡された仕入金4千ドルを仕事でプレスコに行く途中、ジャコブに襲われ、奪われてしまった。友人に助けられ、ドンとともに、プレスコへ向かった。そこでアーサー(ヒュー・サンダース)という同じ商人から共同で仕事をしないかと持ちかけられたが、シュガーフットが断ったため、彼からも敵意を抱かれた。ラパスへ帰った彼はジャコブが大金を奪った証拠をあばき決闘を挑んだ。衆目の前、対立の位置。ジャコブは左手に隠していた短銃でシュガーフットの肩を撃った。苦痛の怒りに彼の拳銃も火を吹いた。友人やリヴァー、ドンの看護で元気になったある日、シュガーフットはリヴァーを訪れたが、そこに悪運強いジャコブとアーサーが現れ、撃ち合いになった。しかし、倒れたのはジャコブに裏切られたアーサーでジャコブもシュガーフットの早撃ちに倒された。シュガーフットは小さな畑を耕し静かに暮らしたいという軍人時代の夢と、美しい女性の心を得たしあわせを心から喜んでいた。

「グレートロックの決闘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グレートロックの決闘」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1963年9月24日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「グレートロックの決闘」のみんなのレビュー

「グレートロックの決闘」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。