グレートロックの決闘

ぐれーとろっくのけっとう
上映日
1963年9月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

クラレンス・バディントン・ケランドのベスト・セラー小説を「去りゆく男」のラッセル・ヒューズが脚色、「無法街の決闘」のエドウィン・L・マリンが監督した西部劇。撮影は「機動部隊」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「マッコーネル物語」のマックス・スタイナーである。出演者は150本の西部劇に主演して引退を声明した「西部のガン・ベルト」のランドルフ・スコット、「西部のバリケード」のレイモンド・マッシー、新人アデール・ジャーゲンス、S・Z・サコールなど。

「グレートロックの決闘」のストーリー

シュガーフット(ランドルフ・スコット)が除隊後アリゾナのラパスでその町とプレスコという町を往き来している商人ドン(S・Z・サコール)と知り合い、一緒に商売をすることになった。ある日シュガーフットはジャコブ(レイモンド・マッシー)たちにからまれていた酒場の歌手リヴァー(アデール・ジャージェス)を救ったが、そのため彼の恨みを買った。ドンから渡された仕入金4千ドルを仕事でプレスコに行く途中、ジャコブに襲われ、奪われてしまった。友人に助けられ、ドンとともに、プレスコへ向かった。そこでアーサー(ヒュー・サンダース)という同じ商人から共同で仕事をしないかと持ちかけられたが、シュガーフットが断ったため、彼からも敵意を抱かれた。ラパスへ帰った彼はジャコブが大金を奪った証拠をあばき決闘を挑んだ。衆目の前、対立の位置。ジャコブは左手に隠していた短銃でシュガーフットの肩を撃った。苦痛の怒りに彼の拳銃も火を吹いた。友人やリヴァー、ドンの看護で元気になったある日、シュガーフットはリヴァーを訪れたが、そこに悪運強いジャコブとアーサーが現れ、撃ち合いになった。しかし、倒れたのはジャコブに裏切られたアーサーでジャコブもシュガーフットの早撃ちに倒された。シュガーフットは小さな畑を耕し静かに暮らしたいという軍人時代の夢と、美しい女性の心を得たしあわせを心から喜んでいた。

「グレートロックの決闘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グレートロックの決闘」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1963年9月24日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「グレートロックの決闘」のみんなのレビュー

「グレートロックの決闘」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません