• TOP
  • グループ

グループ

ぐるーぷ
上映日
1966-07-06

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

メアリー・マッカーシーの小説を、製作担当のシドニー・バックマンが脚色、「丘」のシドニー・ルメットが監督した、同級生8人の女性の、卒業後の生活を描いたもの。撮影は「丘」のボリス・カウフマン、音楽はチャールズ・グロス、美術は「アメリカ アメリカ」のジーン・キャラハンが担当した。出演は「いつか見た青い空」のエリザベス・ハートマン、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトのほかはみな新人で、キャンディス・バーゲン、ジョーン・ハケット、ジョアンナ・ペティット、メアリー・ロビン・レッド、ジェシカ・ウォルター、キャスリーン・ウィドースなど。
メアリー・マッカーシーの小説を、製作担当のシドニー・バックマンが脚色、「丘」のシドニー・ルメットが監督した、同級生8人の女性の、卒業後の生活を描いたもの。撮影は「丘」のボリス・カウフマン、音楽はチャールズ・グロス、美術は「アメリカ アメリカ」のジーン・キャラハンが担当した。出演は「いつか見た青い空」のエリザベス・ハートマン、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトのほかはみな新人で、キャンディス・バーゲン、ジョーン・ハケット、ジョアンナ・ペティット、メアリー・ロビン・レッド、ジェシカ・ウォルター、キャスリーン・ウィドースなど。

「グループ」のストーリー

1933年、不況の嵐がアメリカを吹き荒れていた頃、8人組の“グループ”は名門の女子大学を卒業した。卒業後ほどなく学校演劇のリーダーだったケイ(ジョアンナ・ペティット)が若手劇作家のハロルドと結婚した。式後のパーティで、ボストンの名門出のドロシー(ジョーン・ハケット)は花婿の友人で画家のディックと知り合った。ドロシーは彼を愛したが彼は2人の関係を肉体だけにとどめ、結婚する意志はなかった。ドロシーは故郷に帰った。グループのリーダー格だったエリノア(キャンディス・バーゲン)と、親の反対で教師志望をすてた鉄鋼王の娘ヘレナ(キャスリン・ウィドーズ)がヨーロッパへ行った。共かせぎのケイは百貨店で、作家志望のリビーは(ジェシカ・ウォルター)は出版社で、ポリー(シャーリー・ナイト)は病院とそれぞれ懸命だった。その頃、経済専攻で国立復興局に勤めていたプリス(エリザベス・ハートマン)が小児科医スローンと結婚、ポーキー(メアリー・ロビン・レッド)が花嫁の介添役をつとめた。ヘレナはヨーロッパから帰り、プリスは妊娠したが死産、ドロシーがアリゾナの鉱山業者と婚約、ハロルドの戯曲がブロードウェイで上演決定と悲喜こもごものニュースが伝わった。ハロルドの成功を祝うパーティの夜ヘレナはハロルドが彼女たちの同級生リンと一緒のところを見てしまった。そして彼らの仲が今に始ったものでないことを知った。ケイの苦労を裏切るように、酒と女におぼれていったハロルドは、結局、戯曲の上演も中止になってしまった。その頃から、不吉な戦雲が全ヨーロッパをおおい始め、シックなレディに成長したエリノアが、気品高い男爵夫人を従えて帰ってきた。彼女はエレガントなレスビアンに変貌していたのである。その歓迎パーティの夜遅く、ケイとハロルドの仲は爆発した。逆上し、ナイフまで持ち出したケイは病院に運ばれ、ポリーと彼女の婚約者リッジリー医師の看護を受けた。数日後、2人の婚約を祝うパーティが開かれ、ケイを除くグループ全員が出席した。心配したドロシーが彼女に電話している時、ラジオはヒットラーのベルギー、オランダ侵入を告げた。そのニュースをケイも聞いていた。ハロルドと別れ、ひとりアパートに住むケイは突然窓外に飛行機の爆音を聞き身をのりだした。窓から転落したケイは、事故とも自殺とも知れない死に方をした。葬式にはグループ全員が集った。校門を出た日から7年の歳月が流れていた。

「グループ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グループ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966-07-06
製作会社 フェイマーズ・アーチスツ・プロ=フェマーチスツ・プロ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「グループ」のみんなのレビュー

「グループ」のレビューを書く

「グループ」をBlu-ray/DVDで観る