グリズリー

ぐりずりー
上映日
1976年7月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ 戦争

ここが見どころ

北米大陸の山岳地帯に住む灰色大熊グリズリー対人間の戦いを描く。製作総指揮はエドワード・L・モントロ、製作はデイヴィッド・シェルドンとハーベイ・フラックスマン、監督はウィリアム・ガードラー、脚本はハーベイ・フラックスマンとデイヴィッド・シェルドン、撮影はウィリアム・A・アンダーソン、音楽はロバート・O・ラグランド、編集はバブ・アンダーソンが各々担当。出演はクリストファー・ジョージ、アンドリュー・プライン、リチャード・ジャッケル、ジョアン・マッコール、ジョー・ドーセイ、ヴィッキー・ジョンソンなど。

「グリズリー」のストーリー

大自然の景観の美しい国立公園のある朝。昨夜ここに一泊した2人のティーンエイジャーのキャンパーは大きく伸びをした。そのとき、巨大な灰色大熊グリズリーが突如、2人に襲いかかり、あっというまになぎ倒した。最初の犠牲者が出たとき、大多数の人はそれが想像もつかない大事件の前ぶれだとは思いもよらなかった。ひとたび人間の肉を味わったグリズリーが次々に犠牲者をつくりあげていくとは……。唯一人、公園管理官のケリー(クリストファー・ジョージ)だけがそのことを予測した。彼は森林関係のエキスパート、スコット(リチャード・ジャッケル)を招き、巨大な殺し屋の追跡作戦を開始。同時に公園責任者キットリッジ(ジョー・ドーセイ)に公園の閉鎖を要求した。しかし、キットリッジはそれを拒否、そればかりか宣伝する絶好の機会だとTVや新聞、雑誌などマスコミに総動員をかけて取材を呼びかけた。人命か利益か、2人は激しく対峙した。今や、静かだった国立公園は取材人とハンターの大群でごったがえした。そんな人間どもを尻目に、グリズリーの跳梁は一段と大胆になった。ケリーはあせった。恋人アリソン(ジョアン・マッコール)との間がうまくいかなかったことも、焦りに油をそそいだ。ケリーとスコットは、ベトナム帰りのヘリコプター操縦士のドン(アンドリュー・プライン)を仲間に加え、新たな作戦を練った。だがグリズリーは、彼らをあざ笑うかのようにすべての罠をかわして殺戮をくり返した。若い女性の公園管理官、ゲルイ(ヴィッキー・ジョンソン)が、全裸で滝にうたれようとしたところを襲われ、ついで母親と3歳の男の子が惨殺された。キットリッジがやっと公園を封鎖することを決心した。スコットはグリズリーを生け獲りにすべく、単身森へ入っていった。手にはトランキライザー弾を仕込んだ特殊なライフルをたずさえていた。やがて、身近に獣の気配を感じたスコットの馬が立ち上がろうとした瞬間、グリズリーがその愛馬の首をふきとばした。今、まさにスコットは、グリズリーと面と向って戦うことになった。彼は必死にグリズリーに挑んだ……しかし、彼もまた1度は命を救われたかのように思ったが、ふたたびグリズリーに襲われ、彼のライフルも無に期した。一方、ケリーとドンも憎むべきグリズリーを倒すため命がけで森へ来ていた。突然グリズリーがドンに飛びかかった。今や復讐の鬼と化したケリーは銃を撃ちつづけたがグリズリーは、うけつけない。今度はケリーに襲いかかろうとしたが、その時、爆破銃がグリズリーをめがけて火をふいた。

「グリズリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グリズリー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1976年7月3日
製作会社 デイヴィッド・シェルドン/ハーヴェイ・フラックスマン・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
カラー/サイズ カラー

「グリズリー」のみんなのレビュー

「グリズリー」のレビューを書く

「グリズリー」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「グリズリー」を観ているあなたにおすすめの映画