悪魔の赤ちゃん

あくまのあかちゃん
上映日
1974年9月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

生まれた赤ん坊がお産に立ち合った医師と看護婦の惨殺死体を残して姿を消した……ロサンゼルスの街を恐怖のどん底に叩き落とした怪奇な事件を描く。製作・監督・脚本はラリー・コーエン、製作総指揮はピーター・サビストン、共同製作はジャニール・コーエン、撮影はフェントン・ハミルトン、音楽はバーナード・ハーマン、編集はピーター・ホネスが各々担当。出演はジョン・ライアン、シャロン・ファレル、アンドリュー・デュガン、ガイ・ストックウエル、ジェームズ・ディクソン、マイケル・アンサラ、ロバート・エマーデット、ウィリアム・A・ウェルマン・ジュニア、シャーマス・ロック、メアリー・ナンシー・バーネットなど。

「悪魔の赤ちゃん」のストーリー

フランク(ジョン・ライアン)とレノール(シャロン・ファレル)はロサンゼルスに住む、中流階級の平凡な夫婦だった。夫婦の間には11歳の息子クリスがいたが、ようやくできた2人目の子供の産月が近い今一家はささやかな喜びにひたっていた。やがてレノールの陣痛が始まった。フランクはすぐ身のまわりの荷物をまとめるとレノールを病院に連れていった。分娩室に運び込まれ待合室にはフランクと同じように、お産を待つ父親がいて話題には困らなかったが、その頃、分娩室では想像を絶する事件が、起こっていた。悪魔の申し子のような恐るべき生命力と怪奇な姿を合わせ持った異様な生物が生まれたのである。しかもその赤ちゃんはお産に立ち合った医師、インターン、看護婦らを惨殺し、分娩室から姿を消していた。警察でもこの事件が生まれたばかりの赤ちゃんの仕業とは信じることができなかったが、その日から、鋭い牙で喰いちぎられ、獣の爪のようなもので身体を引き裂かれるという惨殺事件が次々と起こり、ロサンゼルス警察では非常警戒包囲網をしいた。そして赤ちゃんをとある保育園へと追い込んだがその厳重な囲みをぬって、しかも警官数名を惨殺した“悪魔の赤ちゃん”は姿を消してしまった。一方、レノールの身を案じ、仕事も手につかぬフランクは、長期休暇届けを提出すると家に戻った。レノールはショックが癒えたのか何となく嬉しそうな様子を見せている。その夜、寝苦しさに寝室を出たフランクは、冷蔵庫を開けて愕然とした。夕方までいっぱいつまっていたはずの食料が消えているのだった。不審に思ってレノールを問いつめると、レノールは赤ちゃんが帰ってきたことを白状し、殺すことだけはやめてくれと哀願するのだった。その頃、親友のチャーリー(ウィリアム・A・ウェルマン・ジュニア)の家に預けられていたクリスが、両親に会いたい一心でチャーリーの眼を盗んで家に戻ってきていた。玄関が閉まっているので地下室から入ろうとすると異様な唸り声が聞こえてくる。赤ちゃんは愛情を感じているらしく、襲いかかる気配はなかったがちょうどその場に降りてきたフランクは、クリスが危ないと思い発砲した。弾丸は赤ちゃんの肩をかすめたらしく、凄まじい叫び声をあげると折り悪しくクリスを追って地下室に入ってきたチャーリーの喉笛を噛み切って闇の中に消えた。駆けつけた警察と一緒にフランクは赤ちゃんの後を追った。血痕は下水道に続いており、数十名の警官が発見次第射殺すべく下水道に入り込んだ。フランクはついに激痛に耐えかねて泣いている赤ちゃんを見つけ銃口を向けたが、どうしても引き金を引くことができなかった。この世のものとも思えぬわが子の哀れな姿に、とめどもない涙を禁じえなかったのである。フランクは赤ちゃんを抱いて家に連れ帰ろうとしたが出口には完全武装の警官が待ちうけていた。無惨に撃ち殺される赤ちゃんを、フランクはどうしようもない憤りを感じながら見つめているだけだった。

「悪魔の赤ちゃん」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「悪魔の赤ちゃん」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1974
公開年月日 1974年9月28日
製作会社 ラルコ・プロ作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「悪魔の赤ちゃん」のみんなのレビュー

「悪魔の赤ちゃん」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「悪魔の赤ちゃん」を観ているあなたにおすすめの映画