グリード(1925)

ぐりーど Greed
製作国
アメリカ

上映時間
130分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フランク・ノリス氏作の有名な小説『マックティーグ』を映画化したもので、エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏とジューン・メイシス女史とが映画脚色し、「愚なる妻」「アルプス嵐」「悪魔の合鍵」等と同じくフォン・シュトロハイム氏が監督した。主役は「赤熱の十字架」「アルプス嵐」等で端役を演じていたギブソン・ガウランド氏で、「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢と「ステラ・ダラス(1925)」等出演のジーン・ハーショルト氏とが対手役を演じ「愚なる妻」「メアリー・ゴー・ラウンド」等に出演したデイル・フラー嬢を始めチェスター・コンクリン氏、シルヴィア・アッシュトン嬢、ジョーン・スタンディング嬢、オースティン・ジュエル氏等が重要なる役を演ずる。

「グリード(1925)」のストーリー

マックティーグは総身に知恵が回りかねる大男でかなり野蛮なところもあったが、それなりにまた相当な品格を保とうとするだけの考えはあったので日常生活にはまず普通の市民であった。彼は長い間田舎回りの歯科医の助手を勤めた経験によって得た歯科医術を資本とし、歯科医の免許状は持っていなかったがサンフランシスコで歯科医院を開いた。やがて彼は、親友のマーカスの紹介でトリナと知合う。マーカスはトリナを愛していたが、マックティーグが彼女に恋し始めているのを知ると、潔く親友に愛を譲ったのだが、トリナが富籤で5000ドルを得たことを知ると、マックティーグを妬むようになる。マックティーグは、マーカスから金目当てに結婚すると中傷されるが、予定通りトリナと結婚した。トリナは5000ドルを虎の子にして、夫の収入で生活し、なおかつ夫の目を盗んでその半分を密かにトランクに隠し持つ。そうして彼女は溜めこんだ金を数えることだけに喜びを見出していった。10年後、マーカスの密告により無免許開業が露見したマックティーグは職を失う。定職のないまま貧乏生活に甘んじるも、守銭奴と化したトリナは大金を隠し持ちながら必要な金すら出すことを拒んだ。ついに我慢の限界に達したマックティーグは、妻を殺して大金を持ち逃げする。追われるマックティーグは、やがて死の谷という砂漠に迷い込む。執念深く彼をここまで追って来たのは、かつての親友マーカスだった。2人は大金を奪い合い、マーカスはマックティーグに手錠をはめるが、その直後にあっけなく殺される。かくてマックティーグは死人と繋がれたまま、灼熱の砂漠で死を待つしかない、傍らに大金を残したまま・・・。

「グリード(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グリード(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
上映時間 130分
製作会社 メトロ・ゴールドウィン映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.33
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 無声

「グリード(1925)」のみんなのレビュー

「グリード(1925)」のレビューを書く

「グリード(1925)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「グリード(1925)」を観ているあなたにおすすめの映画