グリース2

ぐりーすつー
上映日
1982年12月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

78年の「グリース」の続編に当たり、ライデル高校の生徒たちの青春賛歌を描くミュージカル。前作と同様にロバート・スティグウッドとアラン・カーが製作に当たり、前作で振付を担当したパトリシア・バーチ(女性)が、今回監督としてデビュー。エクゼクティブ・プロデューサーはビル・オークス。脚本はケン・フィンクルマン、撮影はフランク・スタンレー、音楽はルイス・セイント・ルイスが手掛けている。出演はイギリス生まれのマックスウェル・コールフィールド、ミシェル・ファイファー、エイドリアン・ズメド、イブ・アーデン、タブ・ハンター、コニー・スティーブンスなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、シネスコサイズ。1982年作品。

みんなのレビュー

「グリース2」のストーリー

1961年9月1日。今日から新学期、ライデル高校のマッギー校長(イブ・アーデン)は、おごそかな気分で生徒たちの登校を待っていた。彼らは、けたたましいリズムに乗ってやって来て、仲間との再会を楽しんでいる様子。ステファニー(ミシェル・ファイファー)をリーダーとするピンク・レディーズのメンバー、ボーレット、シャロン、ロンダは相変わらずつっぱっている。彼女らの仲間であるT・バーズの面々、ジョニー(エイドリアン・ズメド)、ダース、ルー、リトル・デイビーもバイクに乗ってやって来た。他に、美容学校をやめてライデル高にまいもどったフレンチー、彼女のいとこでイギリスから来たマイケル(マックスウェル・コールフィールド)がいた。ステファニーにもう付き合いたくないと言われて、かりかりするジョニー。そんなステファニーにマイケルは恋をしたが、彼女は全然相手にしようとしない。ピンク・レディーズに憧れているのに仲間に入れてもらえないポーレットの妹ドロレスは、マイケルに「彼女らと仲良くなりたいならバイクがないと駄目よ」と教える。学校でタレント・ショーが開かれることになり、リハーサルが行なわれた。ピアノ伴奏をやらされたマイケルは、ステファニーをデートに誘うが、返って来た返事は「私の理想の恋人はクール・ライダーよ」。学友の宿題を引き受けて金をためたマイケルは、バイクを買い秘かに練習をする。ボーリング場でT・バーズが敵対するバルムードとぶつかりそうになった時、黒マスクに黒レザーのライダーが出現し、素晴らしい腕を披露。ステファニーは、このライダーに恋をした。その後、2人はデートをした。マイケルは学校でステファニーに愛を打ちあけるが、相変わらず彼女は冷たい。タレント・ショーの日がきた。そして、T・バーズとピンク・レディーズが優勝した。パーティ会場で浮かない顔のステファニー。クール・ライダーがいないからだ。パーティー会場にバルムードが乱入、バイクで走り廻った。そこヘクール・ライダーが現われバルムードをやっつけ、マスクをとる。クール・ライダーがマイケルと知り驚くステファニー。自分の負けを認めたジョニーはマイケルにT・バーズのジャンパーを与える。ステファニーとマイケルは抱きあう。(パラマウント映画=CIC配給*1時間54分)

「グリース2」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グリース2」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1982
公開年月日 1982年12月18日
製作会社 ロバート・スティグウッド/アラン・カー・プロ作品
配給 パラマウント映画=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「グリース2」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。