グランド・ホテル(1932)

ぐらんどほてる Grand Hotel
上映日
1933年10月5日

製作国
アメリカ

上映時間
112分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

1本立てで主演映画を作り得るスターを5名集めたキャストの贅沢さで空前のセンセーションを惹き起こした映画で、ヴィッキ・バウム作の同名の小説を女史自ら劇化したものを映画化したもの。ただしこの映画直接の扮本はウィリアム・A・ドレイク翻案の米国における舞台脚本で、監督には「月世界征服(1931)」「夜の天使」のエドモンド・グールディングが当たり、カメラは「お気に召すまま(1932)」「摩天楼の狼」のウィリアム・ダニエルスの担任である。主要俳優は「お気に召すまま(1932)」のグレタ・ガルボ、「雨」「蜃気楼の女」のジョーン・クローフォード、「チャンプ(1931)」「肉体」のウォーレス・ビアリー、「アルセーヌ・ルパン」のジョン・バリモアおよび「男子戦はざる可からず」のルイス・ストーン、「ビール万歳」のジーン・ハーショルト、この他バーネル・ブラット、ロバート・マクウェード、モーガン・ウォーレス、タリー・マーシャル、フェルディナンド・ゴットシャルク等も出演している。

「グランド・ホテル(1932)」のストーリー

ホテルはいわば人生の縮図である。ベルリンのグランド・ホテルの1日、ここに登場する人々の生活を例にとってみよう。機業界の大立物プレイジンクは自己の事業が危機に瀕したので他の会社との合同を企てていた。エキゾチックな踊り子として艶名を謳われたグルシンスカヤは昨日の人気も失せ、明日にも自殺を決行せんばかり全く気力を失っていた。フォン・ガイゲルン男爵は賭博に浮き身をやつしてた挙げ句、多大の借財を負って盗賊団に身を投じていた。彼はグルシンスカヤの宝石を盗み出して債務を逃れんとしていた。これに加わる新しい登場人物が女速記者のフレムヘン、すこぶる性的魅力のある女で最近プレイジンクに雇われたのである。その外かつてはプレイジングの会社の帳簿係をしていたクリンゲラインは健康を害して自暴自棄になり、せめてこの世の名残にもと、へそくり金でグランド・ホテルに投宿して豪勢なる雰囲気に浸っていた。クリンゲラインはガイゲルン男爵と知己となり共にフレムヘンとも親しい仲になった。プレイジングは自分の画策した合同運動が失敗に帰し、心ならずもついに不正手段で取引に成功した。これが彼の道徳観念に動揺を与え、フレムヘンに金を与え商用を口実に彼女と共に旅行せぬかと説いた。彼女は同意した。グルシンスカヤは一夜自分の部屋に戻ってくると意外にも男爵が自分の部屋に隠れているのを発見した。彼は彼女を愛してここまで追ってきたと弁解し人生の歓喜を讃える。彼女は彼を疑おうともしない。翌朝男爵は彼女から盗んだ宝石を返して、彼の愛の真剣であることを訴える。彼女は喜んで翌朝2人は一緒にホテルを立つことを約束する。その夜プレイジングは自分の部屋でフレムヘンに切ない胸のうちを打ち明けようとする。依然金の調達に執着していた男爵はプレイジングの部屋に忍び入った。物音を聞きつけたプレイジングは怪しげな男を発見して彼に飛びかかり猛烈な格闘を演じてついに男爵を殺してしまう。罪を逃れんとの一念から狂乱のプレイジングはクリンゲラインに罪を隠匿させようとする。卑劣なる脅迫に臆せぬクリンゲラインは一笑に附して直ちに警察を呼んだ。夜が明けた。フレムヘンは気の毒なクリンゲラインを慰める。2人はパリに行き新しい生涯に入ることを決心する。一方グルシンスカヤのマネジャー達は彼女が男爵の悲惨事を耳にする事を恐れたが、未だ何も知らぬ彼女は数年来経験せぬ幸福感に打たれ唄を口ずさみながらホテルのロビーを通り抜け停車場へ歩を運ぶ、男爵の行衛を心配しつつも。プレイジングは警察に引致された。男爵の死骸はホテルの裏口から運び出された。クリンゲラインとフレムヘンは新生の喜びに浸りつつパリへ出発する。かくてグランド・ホテルの新しき日が再び迎えられる。

「グランド・ホテル(1932)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グランド・ホテル(1932)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
公開年月日 1933年10月5日
上映時間 112分
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ
音量 モノラル

「グランド・ホテル(1932)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「グランド・ホテル(1932)」を観ているあなたにおすすめの映画