クワイヤボーイズ

くわいやぼーいず The Choirboys
上映日
1978年4月29日

製作国
アメリカ

上映時間
119分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

みずから『クワイヤボーイズ』(少年聖歌隊)と称するロサンゼルスの警官たちがくりひろげる破天荒な行動を描いたジョセフ・ウォンボーのベストセラー小説(早川書房刊)の映画化。製作総指揮はマーク・デーモンとピエトロ&マリオ・ブレグニ、製作はマーヴ・アデルソンとリー・リッチ、監督は「合衆国最後の日」のロバート・アルドリッチ、脚色はクリストファー・ノッフ、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はフランク・デヴォール、編集はモーリー・ワイントローブ、ウィリアム・マーティン、アーヴィング・ローゼンブラムが各々担当。出演はチャールズ・ダーニング、ペリー・キング、ドン・ストラウド、ティム・マッキンタイアー、ランディー・クエッド、ジェームズ・ウッズ、スティーブン・マクト、チャック・サッチ、ルイス・ゴセット・ジュニア、クライド・クサツ、バート・ヤング、ロバート・ウェーバなど。

「クワイヤボーイズ」のストーリー

ロサンゼルス警察ウィルシャー署の分隊室では、主任警部による高圧的な訓示が行なわれる。ほとんどが20代の警官たちは、警部を軽蔑しており、特にみずからクワイヤボーイズと称する10人の警官たちはそんな訓示などに耳もかさず、その日も酒をもちよってクワイヤ・パーティを催した。泥酔した好色漢、サルティーノ(チャック・サッチ)などはノー・ボール・ハードレーと呼ばれる婦警をからかうなど大騒ぎ。『まっこう鯨』と呼ばれている最年長のウェーレン(チャールズ・ダーニング)は、19年勤続のベテランで、あと半年で20年の恩給がでる予定だった。彼は大学卒のハンサムなインテリ、バクスター(ペリー・キング)と組んでおり、勤務についたある日、ことごとく対立する主任警部を街娼を使っておとしいれ、恥をかかせた。ロスコー(ティム・マッキンタイアー)は残忍性をひめた嫌われ者で、酒に弱く小心者のディーン(ランディ・クエイド)と組んでいたが、ビルの屋上から自殺しようとしていた黒人少女を止めるどころか、けしかけるようにして死なせてしまう。クワイヤボーイズたちのパーティは、深夜マッカーサー公園で続けられたが、それは日毎に乱痴気の様相を呈してきた。スクッズ警部(バート・ヤング)は、ベトナム帰還兵のサム(ドン・ストラウド)とバクスターを組ませて男性トイレのパトロールにあたらせるが、巡回中のロスコーが私服刑事をホモと間違えて乱闘するのに巻きこまれてしまう。一方、娼婦担当だったハロルド(ジェームズ・ウッズ)は、サムと共にパトロール班に戻り、かねてより目をつけていた娼婦の部屋に踏み込むが、客を調べるために奥の部屋に入ったサムは、鎖につながれたバクスターの姿を見た。この光景を、見て見ぬふりしたサムだったが、翌日バクスターが自殺したことを知らされ、自分さえあの家に行かなければ、と自分を責めた。泥酔したサムは、ワゴンの中に運ばれ、ベトナムで体験した怖しい光景につかれて暴れていた。そして、暴れるサムを助けようとワゴンのドアをひらいた少年を、幻覚のために発砲して死なせてしまう。この事件を内々で処理しようとした副総監のリッグス(ロバート・ウェバー)はウェーレンを呼び出し、20年の恩給で彼を脅しながら真相を知る。ウェーレンは職を辞し、念願の引退生活に入るが、リッグスが約束を破りクワイヤボーイズたちを休職処分したことを、かつての仲間からの手紙で知り、黒人のカルビン(ルイス・ゴセット・ジュニア)を伴って副総監室に乗りこんだ。そして、自分の保身のみを考えて事件を処理してしまったリッグズを、逆に真相をマスコミに暴露すると脅し、処分撤回を勝ちとった。

「クワイヤボーイズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クワイヤボーイズ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1978年4月29日
上映時間 119分
製作会社 ロリマー・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「クワイヤボーイズ」のみんなのレビュー

「クワイヤボーイズ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。