黒ひげ大旋風

くろひげだいせんぷう Blackbeard's Ghost
上映日
1968年12月24日

製作国
アメリカ

上映時間
106分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

ベン・ストールの原作をビル・ウォルシュとドン・ダグラディが脚色、「メリー・ポピンズ」のロバート・スティーヴンソンが監督したコメディ。撮影はエドワード・コールマン、音楽はロバート・F・ブランナー、特殊効果をアカデミー技術賞を受賞したピーター・エレンショー(マット合成)、ユースタス・ライセット、ロバート・A・マッティが担当している。出演は、監督、プロデューサー、シナリオライターと多方面で活躍しているピーター・ユスチノフ、ディーン・ジョーンズ、「黄金作戦 追いつ追われつ」のスザンヌ・プレシェット、ほかにエルザ・ランチェスター、ジョビー・ベイカーなど。製作は、故ウォルト・ディズニーとビル・ウォルシュ。

「黒ひげ大旋風」のストーリー

トラック競技の名コーチを自認するスティーブ(ディーン・ジョーンズ)は着任の途中「海賊黒ひげ旅館」に立ち寄った。ちょうどここでは借金返済のためのバザーが開かれており、彼はそこで美人教授のアン(スザンヌ・プレシェット)の魅力にまいり、黒ひげゆかりの湯たんぽを買った。この湯たんぽの柄をうっかり折ると、なかから呪文が出てきた。スティーブがその呪文を読むと、とたん黒ひげの幽霊(ピーター・ユスチノフ)が現れた。黒ひげは人間らしい良いことをするまで浮かばれないという呪いをうけていた。幽霊と一緒では居心地悪いとスティーブは自動車で逃げ出したが、いつの間にか黒ひげも乗り込んできていた。夢と希望に胸をふくらませて着任はしたものの、陸上チームは最低。そしてついに競技大会の日が来た。スティーブの大学は目をおおいたくなるばかりの負けっぷり。が、突然、大珍事が起こった。ほかの大学の選手は次々と失格となる。黒ひげの仕業なのである。といっても、黒ひげは、「黒ひげ旅館」の倒産を防ぐため、この試合に多額の賭けをし人助けをしようと思っていたのだ。スティーブに叱られ、黒ひげはしょげ返った。黒ひげが退場しては神通力もきかなくなり、試合はまた逆転。アンはすっかりしょげてしまった。それを見たスティーブは再び黒ひげを呼び戻した。試合はまたまた大逆転。ところが、賭けの相手のシルキーは、この勝負は無効、ルーレットで勝負をいどんできた。だが黒ひげのトリックにあっては勝負は決まっている。かくて黒ひげも善行のおかげで呪いもとけ、海賊の待ちわびる夜の海へ消えていった。

「黒ひげ大旋風」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黒ひげ大旋風」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968年12月24日
上映時間 106分
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ
配給 ディズニー映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
音量 モノラル

「黒ひげ大旋風」のみんなのレビュー

「黒ひげ大旋風」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。