黒猫

くろねこ The Black Cat
上映日
1934年9月13日

製作国
アメリカ

上映時間
65分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフと「モルグ街の殺人」「恐怖の夜」のベラ・ルゴシが共演する怪奇劇で、美術監督から昇進したエドガー・G・ウルマーが第1回作品として監督にあたった者である。エドガー・アラン・ポーの名作からヒントを得て監督者ウルマーがピーター・ルーリックと共同して書き下ろした脚本であるから原作とは甚だ相違がある。助演者は「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「国境隊」のジャクソン・ウェルズ、「土曜日の大観衆」のルシル・ランド、「最後の一人まで(1933)」のエゴン・ブレッチャー、「戦線の嵐」のハリー・コーディング等で、撮影は「摩天楼の悲劇」のジョン・J・メスコールが担当している。

みんなのレビュー

「黒猫」のレビューを書く

「黒猫」のストーリー

ブダペスト、ビゼグラード間の急行列車が新婚のアリスン夫婦を乗せて一路暴走している最中、その車室を明けて1人の男が入ってきた。車掌の手違いから同室となったものでビタス・ワーデガストという精神病学の泰斗でオーストリア人である。彼は世界大戦に出征し、奮戦を重ねたが、指揮官のヒジャマール・ポールジッグなる男に欺かれ、バイカル湖付近のクルガール牢獄へ15年の長きに渡って投じられ、あまつさえ娘と妻をポールジッグに奪われたのであった。そして今復讐の一念に燃えて、かつての古戦場マルマロス要塞に居を構えているポールジッグのもとを訪問する途上なのである。丁度新婚旅行の2人と同じ方向なので列車を降りて更にバスを共にしたのであった。豪雨は沛然と降頻り、崖は崩れてバスは谷間に墜落した。ピーター・アルスンの妻ジョーンは傷を負ったのでワーデガストは2人をポールジッグの邸宅へと導いた。ワーデガストの手当てにより彼女の傷も癒えたのが、彼女の美しさにはワーデガストもポールジッグも共に心あやしく戦くのであった。ワーデガストは妻と娘を返せと迫ったがポールジッグは2人共肺炎で死んだと言って取り合わなかった。そしてポールジッグは悪魔拝教を奉信し、黒猫を用いてワーデガストを苦しめた。ジョーンはワーデガストの娘カーレンが生きていてポールジッグの妻となっているのを発見した。ワーデガストは新婚の夫婦を帰してやれとポールジッグに勧めたが彼は肯ぜず、将棋で争うこととなりワーデガストは負けて、ポールジッグは従僕に命じピーターを倒しジョーンを幽閉した。その時ワーデガストはジョーンの口から娘カーレンのいることを告げられ怒りに激してポールジッグに迫りなぶり殺しにした。この情景を見てピーターは妻を救わんものとワーデガストをピストルで射った。死なば諸共とワーデガストは死のスイッチをひねったのでこの大邸宅はたちまち火焔に包まれたがアリスン夫婦は辛うじて脱出することができた。

「黒猫」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黒猫」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1934
公開年月日 1934年9月13日
上映時間 65分
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「黒猫」のみんなのレビュー

「黒猫」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。