黒旋風

こくせんぷう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ブラッド・シップ」「最後の戦線」をものしたジョージ・ビー・サイツ氏の監督作品で、ウォルター・アーチャー・フロスト氏とポール・ディッキー氏との合作舞台劇に基き、「トレント大事件」「娘乱暴記」のピューラー・マリー・ディックス女史が脚本したもの。出演俳優は、「哀調の小道」「想天舞曲」のジョセフィン・ダン嬢、「彼女は戦いに行く」のジョン・ホランド氏、「疑惑晴れて」「大河の奇賊」のアール・フォックス氏、「紐育萬華鏡」「言論の自由」のヘンリー・ビー・ウォルソール氏、本映画によって初御目見えの新進女優ドロシー・ジョーダン嬢等で、その他シェルドン・ルイス氏、フリッツ・フェルト氏が助演している。キャメラは「寝巻」「踵の魅惑」のグレン・マックウィリアムス氏が担任している。

みんなのレビュー

「黒旋風」のレビューを書く

「黒旋風」のストーリー

ニュー・ギニー島付近の1小島に3人の飲んだくれの白人がいた。その一人プラッドブローク医師はかつて有名な外科医であったが、さる高貴な身分の患者を誤って手術中に殺した失敗者であり、ヒュー・ダーレルは女をだまして社会の指摘を受けた若者で、もう一人のジェームズ・フレイザーは難破船上で女の衣服を奪って命を完うした卑怯者だった。ブラットブロークにはラザリンとアンという二人の娘があったがある日姉のカザリンは森林中で道を失い食人種のパプア人に捕らえられ危うい所を真珠採取業で成功したジョン・オームスビーに救われた。カザリンが帰宅すると酒場の主人でならず者のゼリッグが妹のアンに暴行を加えようとしていたので追拂つた。オームスビーが五十万弗ほども真珠を持っていることを知った3人の敗北者とゼリッグは悪企みして、嫌がるカザリンにオームスビーを引止めさせた。4人の者が酒を飲んでいる傍を原住民の占師が通った時フレイザーは彼を嘲罵した。占師は即座に催眠術でフレイザーに去るの真似をさせた。怒ったフレイザーが占師を撲ったので占師は4人を呪い殺すと言って去った。ブラッドプローグは毒蛇に噛まれ数時間で死ぬかもしれないことになった。ダーレルは恐れてゼリックの船で島を逃げ出そうと提言した。オームスビーはカザリンの許にこの旨を知らせると彼女は是非逃げてくれと頼んだ。但しゼリッグはオームスビーの真珠と船とを交換するのでなければ嫌だといった。ラザリンはそれでも逃げろと勧めたのでオームスビーは真珠を渡して去った。カザリンは皆で真珠を巻き上げる計画だったことを知ると怒ってオームスビーに知らせると言い出した。オームスビーは部下を従えてその場に立ち現れた。失敗したと知ったフレイザーがオームスビーを射殺せんとした時、娘の幸福を願うプラッドプロークは身を以てオームスビーをおおって死んだ。

「黒旋風」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黒旋風」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
レイティング

「黒旋風」のみんなのレビュー

「黒旋風」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。