黒いジャガー シャフト旋風

くろいじゃがーしゃふとせんぷう
上映日
1972年12月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークの黒人私立探偵ジョン・シャフトの活躍を描く「シャフト」シリーズ第2作。製作はロジャー・ルイスとアーネスト・タイディマン、監督は前作「黒いジャガー」のゴードン・パークス、脚本は「フレンチ・コネクション」のアーネスト・タイディマン、撮影はアース・ファーラー、音楽はゴードン・パークス、編集はハリー・ハワード、美術はエマニュエル・ジェラードが各々担当。出演はリチャード・ラウンドツリー、モーゼス・ガン、ドルー・バンディーニ・ブラウン、ジョセフ・マスコロ、キャシー・イムリー、ウォーリー・テイラー、ジュリアス・W・ハリス、ロザリンド・マイルズ、ジョー・サントス、アンジェロ・ナッゾなど。

「黒いジャガー シャフト旋風」のストーリー

ここはニューヨーク。私立探偵ジョン・シャフト(リチャード・ラウンドツリー)は、愛人アーナ(ロザリンド・マイルズ)の兄キャル・アスピー(ロバート・K・ヒル)の電話で目を覚ました。キャルは友人のケリー(ウォーリー・テイラー)と共同で、川向こうのクイーンズで保険事務所と葬儀社の店を隣り合わせに営んでいたが、電話で、時もあろうに真夜中の2時、事務所にすぐ来てくれと呼び出した。シャフトはキャルの声の様子にただならぬものを感じ、車を飛ばしたが一足遅く、事務所は爆発しキャルも死んだ。しかし、ケリーは相棒の死よりも、焼けた金庫の中がカラだったことのほうが、よりシャクだったらしい。キャルの死体は棺に納められた。シャフトは、キャルの事業の持ち分は当然妹のアーナが継ぐことになるが、何もわからないアーナがケリーのいいようにされることを防ぐために当分目を離すまいと決心した。その頃、ケリーはマスコラ(ジョセフ・マスコロ)に会っていた。彼はこのボスに、バクチで負けた25万ドルの借金があり、彼の話によると、仕事の権利をキャルに買いとってもらうことになっており、その金はキャルが持っていた、というのだ。マスコラはすぐさま殺し屋をシャフトに差し向けた。ケリーはマスコラに払う金の工面をハーレムの黒人ボス、バンピー(モーゼス・ガン)に申し入れた。その夜、シャフトはキャルの葬儀社に忍び込み、計らずもケリーと店番との話を聞き、問題の25万ドルが棺の中に納められていることを知った。夜明け、ケリーが墓を掘り返しているところにマスコラが部下を連れてヘリコプターで到着し、25万ドルを横取りした上、ケリーとその部下たちを射殺する場面を目撃した。シャフトはすかさずマスコラの機先を制して金を奪い、逃げた。車とヘリの火花が散るような激しい追跡となったが、危機一髪、シャフトの一弾が敵をとらえ、ヘリは火だるまとなって空中に四散した。

「黒いジャガー シャフト旋風」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黒いジャガー シャフト旋風」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1972年12月23日
製作会社 ステアリング・シルファント・プロ=ロジャー・ルイス・プロ作品
配給 メトロ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「黒いジャガー シャフト旋風」のみんなのレビュー

「黒いジャガー シャフト旋風」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/20

アリサン・ポーター(1980)

ブロードウェイ・ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

名作ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』。その16年ぶりの再演に際して、オーディションに集まったダンサー達の姿を捉えたドキュメンタリー。ブロードウェイ史上、初めてオーディション会場に入り込んだカメラと、時折挿入されるオリジナル版『コーラスライン』の貴重な映像が、夢にかける熱い戦いを感動的に描き出す。ニューヨークの街角。世界各地からブロードウェイのオーディションを受けに集まったダンサー達が列をなす。その誰もが、16年ぶりの再演が決まったミュージカル『コーラスライン』の舞台に立つことを夢見ていた。19枚の夢へのチケットを目指して集まったその数、3000人。演出家ボブ・エイヴィアンが努める第一次審査では、次々と何人ものダンサーが落とされていく。4ヵ月後、第二次審査が始まる。オリジナル版『コーラスライン』は、ダンサー達の打ち明け話を元に書かれた脚本を、打ち明けた本人達が演じていた。再演版でのコニー役の振付担当はオリジナル版コニー役のバイヨーク・リー。候補者の一人にユカがいたが、“コニー”本人であるバイヨークが推したのはユカの親友だった。ボブ・エイヴィアンがオーディションの際にこだわったのは、役柄のキャラクター作り。中でもヴァル役は多くのダンサーが思う“タフな娘”ではなく、可愛い女であるというのがボブの解釈だった。役柄のヴァル同様に豊胸手術までしたニッキのダンスは完璧だったが、ボブは彼女とヴァルに共通点を見出せない。結局、ヴァル役はニッキの他に二人が選考に残る。一方、クリスティン役候補のクリッシーにはスタッフ達が一目惚れ。ゲイのポール役には何人もの応募者がいたが、そのいずれにも審査員は満足しない。そのとき現れたのがジェイソン。彼が語った、ショーのために女装した姿を両親に見られたときの話は全員に感動を呼ぶ。オーディションで最も熾烈な争いとなったのが、オリジナル版でドナ・マクケニーがトニー賞を受賞したキャシー役。ソロのダンスシーンに高度な技術が要求されるこの役を巡って、多くの舞台で実績を積んだダンサー達が火花を散らす。8ヶ月後。ついに最終選考が始まった。運命なのかプレッシャーか、予想外のハプニングが次々とダンサー達を襲う。果たして、夢のチケットを手にするのは誰か?

カーリー・スー

その日暮らしの気ままな人生を送る9歳の少女とその保護者が、偶然出会った女弁護士と心の絆を深めていくコメディ・ドラマ。監督、製作、脚本は、「ホーム・アローン」の脚本を努めたジョン・ヒューズ。製作総指揮は「フェリスはある朝突然に」で音楽監督を手掛けたターキン・ゴッチ。撮影は「トップガン」「ビバリーヒルズ・コップ」「ジェイコブ・スラダー」などのジェフリー・L・キンボール。美術は「愛がこわれるとき」のダグ・クレイナー。衣装は「フラッシュダンス」のマイケル・キャプラン。
ニコール・キッドマン(1967)

ザ・プロム

同名ミュージカルを基にした、ドラマ『glee/グリー』のライアン・マーフィー監督によるNetflixミュージカル映画。落ち目の舞台俳優ディーディーとバリーは、プロムへの参加を禁じられた女子高生カップルの騒動に便乗し、役者としてのイメージ挽回を目論む。オスカー俳優のメリル・ストリープとニコール・キッドマン、スピルバーグ監督が手がける「ウエスト・サイド・ストーリー(原題)」に出演予定のアリアナ・デボースや新人のジョー・エレン・ペルマンらが揃う。Netflixでの配信に先駆け劇場公開。

ストレイ・ドッグ(2018)

ニコール・キッドマンが初の刑事役に挑んだネオ・ノワール。ロサンゼルス市警の女刑事エリンの元に届いた一通の封筒。それは17年前、FBI捜査官クリスと共に犯罪組織への潜入捜査を行った際、ある過ちを犯し取り逃がしてしまった組織のボスからの挑戦状だった。共演は「ワイルド・ストーム」のトビー・ケベル、「ボストン・ストロング ダメな僕だから英雄になれた」のタチアナ・マズラニー、「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」のセバスチャン・スタン。監督は「インビテーション」のカリン・クサマ。

NEW今日命日の映画人 6/20

該当する人物がいません


「黒いジャガー シャフト旋風」を観ているあなたにおすすめの映画