クロールスペース

くろーるすぺーす Crawlspace
上映日
1986年12月20日

製作国
アメリカ

上映時間
80分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

女だけのアパートの経営者の偏執ぶりを描く猟奇スリラー映画。製作はロベルト・ロッシ。監督・脚本はデイヴィッド・シュモーラー。撮影はセルジオ・サルヴァッティ、音楽はピノ・ドナジオが担当、出演はクラウス・キンスキー、タリア・バルサムほか。

「クロールスペース」のストーリー

カール・ギュンター(クラウス・キンスキー)が経営するアパートは、女性ばかりが住んでいる。その1人、ソフィー(タネ)は、いつもボーイフレンドとレイプごっこを楽しんでいる。このアパートに、ロリ(タリア・バルサム)というジャーナリズム専攻の美しい女子大生が引っ越して来た。ソフィーやジェシカ(キャロル・フランシス)、ハリエット(バーバラ・ウィネリー)は、ロリの歓迎パーティを開いた。屋根裏の通風口からその様子を覗き見ている者がいた。管理人のカールだ。彼はさらに、ネズミを部屋に放り込み、女たちを脅えさせる。彼は、彼女らの部屋を屋根裏を通ってくまなく監視している。ソフィーのボーイフレンドの目玉をえぐり、ジェシカの部屋を訪れたTVプロデューサーの指をつめ、屋根裏部屋の標本ビンに入れていた。舌は檻に入れたまま飼い殺しにしているマーサ(サリー・ブラウン)のものだ。カールは殺人のたびに自分の指の血をなすりつけた銃弾が、自分の頭を貫けば罪は許されると自分に誓っている。カールのもとへ、スタイナー(ケネス・ロバート・シッピー)と名のる男がやって来た。スタイナーは、ブエノスアイレスでカールに治療を受け殺された67人の患者のうちの1人だった。カールの父は、ヒトラーの虐殺に手をかしたナチの医学者だったが、医学の道を志したカールも、あやまって患者を殺して以来、医学の名のもとの殺人を楽しむ悪魔にとりつかれていた。スタイナーの出現に驚いたカールはイスに仕掛けた刃物でスタイナーを殺す。彼の殺し方は、ナチがかつて用いた方法に忠実で、異様な化粧をほどこし、ナチの記録フィルムを映写して1人洸惚とする。死体だらけになったアパートで唯一残されたロリに恐怖の魔の手が。屋限裏を逃げ回る彼女。危機一髪のところ、檻を脱け出たマーサがロリに加担し、カールは滅びてゆくのだった。

「クロールスペース」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クロールスペース」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986年12月20日
上映時間 80分
製作会社 チャールズ・バンド・プロ作品
配給 ベストロン映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「クロールスペース」のみんなのレビュー

「クロールスペース」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。