紅の踊

くれないのおどり
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「栄光」「無頼漢(1928)」「港の女」と同じくラウール・ウォルシュ氏の監督作品で、「街の天使」「第七天国(1927)」のチャールズ・ファーレル氏と「栄光」「熊馴らしの娘」のドロレス・デル・リト嬢とが共演する映画である。H・L・ゲイツ氏とエリノア・ブラウン女史とが合作した物語を、ピエール・コリングス氏とフィリップ・クライン氏とが映画向きに改作したものに基づきジェームズ・クリールマン氏が脚色した。主役2人を助けて「サブマリン」「閃弾」のドロシー・レヴィア嬢、アイヴァン・リノウ氏、アンドレ・セグオロラ氏、等が出演している。
「栄光」「無頼漢(1928)」「港の女」と同じくラウール・ウォルシュ氏の監督作品で、「街の天使」「第七天国(1927)」のチャールズ・ファーレル氏と「栄光」「熊馴らしの娘」のドロレス・デル・リト嬢とが共演する映画である。H・L・ゲイツ氏とエリノア・ブラウン女史とが合作した物語を、ピエール・コリングス氏とフィリップ・クライン氏とが映画向きに改作したものに基づきジェームズ・クリールマン氏が脚色した。主役2人を助けて「サブマリン」「閃弾」のドロシー・レヴィア嬢、アイヴァン・リノウ氏、アンドレ・セグオロラ氏、等が出演している。

みんなのレビュー

「紅の踊」のレビューを書く

「紅の踊」のストーリー

世界大戦の勃発と共に、ユーゲニー大候は1青年の身を以て国民の信望を得、総司令官として出征し、殊勲を立てた。しかるに本国にあるタナロフ将軍はユーゲニーの名望を妬み、讒訴して彼を失脚せしめた。帰国と共にユーゲニーはタナロフ将軍が想いを寄せているヴァルヴァラ姫と婚約を強いられた。ユーゲニーはヴァルヴァラに対し愛情を感じなかったが、これがまた少なからずタナロフの感情を損ね、再びユーゲニーはオレンバークの村へ左遷されてしまった。オレンバークの森の小屋に淋しく暮している中にユーゲニーは、イワンという男と愛のない結婚を強いられていたタシアという娘に同情したが、これが時経つにつれて恋に変り、ユーゲニーとタシアとは熱烈な恋を語る身となった。タシアの父は憂国の志士であったがタナロフのために獄に投ぜられ程なく牢死した。タナロフはこの事実を巧みに利用しタシアに父の仇はユーゲニーであると告げたので、タシアはユーゲニーとヴァルヴァラとの結婚の式場に乗り込み、ユーゲニーを狙撃したが、果さず、2人はまた別れ別れとなってしまった。幾年かの後、タシアは今は世界的の名ダンサーとして知られる身となり、イワンは又出世して将校となっていた。タナロフとイワンとはタシアを恋したが、ユーゲニーがタシアの恋人であると知ってタナロフはイワンに命じユーゲニーを殺さしめんと計ったが、イワンはタナロフの悪計を知りその裏を掻き、己れの恋を捨ててユーゲニーとタシアとを助けて外国に逃れしめた。

「紅の踊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「紅の踊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 フォックス映画
レイティング

「紅の踊」のみんなのレビュー

「紅の踊」のレビューを書く