狂った野獣(1959)

くるったやじゅう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークの“スパニッシュ・ハーレム”が舞台の犯罪映画。「理由なき反抗」の作家アーヴィング・シュルマンの原作を「雨に濡れた欲情」のハリー・クライナーが脚色、テレビ演出家のポール・スタンリーが劇映画を初めて監督する。撮影は、「休暇はパリで」のフィリップ・ラスロップと、「荒野の追跡」のアーヴィング・グラスバーグが共同で担当。音楽は、ジャズ・ギタリストのローリンド・アルメイダ。出演は、「すてきな気持」のジョン・サクソン、「アラモの砦」のリンダ・クリスタルのほか、ジョセフ・カレイア、アーサー・バタニデス、ポール・クラーク、ジョー・デ・サンティスら。製作ハリー・クライナー。

「狂った野獣(1959)」のストーリー

ニューヨークの片隅に、プエルト・リコ移民の貧民窟がある。ミゲル(ジョン・サクソン)はそこに育った。ギャング仲間に早くからなり、仲間の罪をかぶって、1年の刑を受けたが、出所の時は更生の心に燃えていた。昔の仲間の誘いに屈せず、ボスの情婦サリタの誘惑にも、心を変えなかった。家族に温かく迎えられ、父エストラダの勤める洗濯工場に働き始めた。仲間がその工場を襲うと聞き、止めに行く。その帰途、サリタに会い、部屋へ誘われた。出かける途中、一味に襲われ、たたきのめされた。女の罠ではなかった。サリタの元で一夜を明かした。結婚を申し込むが、女は承知しない。互いに不幸のもとよと。――彼女が密入国で、警察に捕まった。ミゲルは仲間に復帰するといって、保釈金を借り、サリタの引受人になった。そして、説いた。結婚すれば国外追放を免れ籍もできると。2人は結婚し、ミゲルの家族と住んだが、信仰あついエストラダ家の生活が、サリタには堅苦しく感じられた。ある日、姿を消した。ミゲルはヤケになり、昔の一味の仲間になってしまった。一の子分にされ、今度は自分で洗濯工場襲撃を計画した。サリタを仲間が連れ戻してきたが、ミゲルは彼女を自由にしてやった。女は彼の愛が去ったと思う。が、彼はまだ愛していた。サリタは初めて彼への愛を悟った。一味は工場へ押し入り、金庫から大金を奪った。後は逃げるだけだ。が、それを工場にいたエストラダが阻んだ。警報のベルを押しかけた。仲間の1人が射殺しようとした時、ミゲルは思わずさえぎった。仲間を裏切ったことになる。警報機が警官隊を招き、一味は捕まった。ミゲルは警察には捕まらなかったが、仲間に追われた。追いつめられ、一味に対し彼らを倒したが、サリタが駆け付けた時、その腕の中で、満足げに死んだ。

「狂った野獣(1959)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「狂った野獣(1959)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1959
製作会社 ヘクト=ヒル=ランカスター・キャノン・プロ映画
配給 松竹セレクト
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「狂った野獣(1959)」のみんなのレビュー

「狂った野獣(1959)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。