クリミナル・ロウ

くりみなるろう Criminal Law
上映日
1991年3月23日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

自分が無罪を勝ち取ったレイプ殺人犯に、自らの有罪ばかりか共感をも露骨に示され、苦悩する弁護士を描くサイコ・サスペンス。監督はマーティン・キャンベル。製作はロバート・マクリーンとヒラリー・ヒース。エグゼクティヴ・プロデューサーは「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」など刑事アクションを得意とするジョン・デイリーとデレク・ギブソン。脚本はローレンス・カスダンの実弟マーク・カスダン。撮影はフィル・メヒュー。音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。ビデオタイトル「灰色の容疑者」。

「クリミナル・ロウ」のストーリー

ボストンの有能な弁護士ベン・チェイス(ゲイリー・オールドマン)は詭弁というべき第を弄して婦女レイプ殺人で起訴されていた名家の息子マーティン・ティール四世(ケヴィン・ベーコン)を無罪にした。女刑事のスティルウェル(テス・ハーパー)はベンのことを、かつては検察官として正義のみを追い求めていたが、今はゲームのように勝って楽しんでいると非難した。マーティンが釈放されると、再び同じ手口の殺人事件が発生した。それについて相談したいとマーティンから深夜の呼び出しを受けたベンを待っていたのは、レイプされた女の焼死体だった。警察に通報しようと、現場の公園近くの若い女の家の戸を叩いたベンは、その女性エレーン(カレン・ヤング)の親友が被害者であることを知った。翌日、マーティンの屋敷を訪ねると、彼はベンに自らが犯人であるとほのめかした。そして、再逮捕に備えてベンに再び弁護するよう依頼した。ベンはこの話をスティルウェルに通告し、事件当夜在宅中だったというマーティンのアリバイを崩そうと、屋敷に潜り込む。屋敷にはあずま屋に通じる秘密の通路があったが、彼の潜入を予期していたマーティンは、その通路は密売をしていた一世が作ったのだと言った。次の日、あずま屋が火事になり、通路はメセル刑事(ジョー・ドン・ベイカー)にバレてしまう。マーティンはベンに放火は自分がやったと挑戦するように言った。さらに、すべては復讐のためであるとも述べた。ベンはマーティンの母親(エリザベス・ジュバード)が産婦人科であると気づき、彼女から、マーティンは望まない子供で、彼は母が自分を堕胎するつもりであったことを知っていると話した。一世は通路を抜け出し、世の人々を粛清し続けていたのだ。事件に深入りする間にベンの恋人になっていたエレーンは、マーティンの母親の病院に侵入し、殺された親友や被害者の女性が皆、堕胎していたことをつきとめた。しかし、そのとき、マーティンにが現れエレーンを襲った。ベンは彼女を助け、裁判所でスティルウェルとマーセルと共に、マーティン逮捕の策を練る。その後、マーティンはベンのところへやってきて、自分を殺してくれと銃を渡した。ベンは殺人鬼を撃つことができず、代わりにマーセルを殺されたスティルウェルがマーティンを射殺するのだった。

「クリミナル・ロウ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クリミナル・ロウ」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1989
公開年月日 1991年3月23日
上映時間 105分
製作会社 ノースウッド・プロ作品
配給 丸紅
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「クリミナル・ロウ」のみんなのレビュー

「クリミナル・ロウ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。