クリスティナ

くりすてぃな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

トリストラム・タッパー氏の原作を「街の天使」「四人の悪魔」のマリオン・オース女史が脚色したもので監督は「轟く天地」「大河の奇賊」のウィリアム・ケイ・ハワード氏。主演者は「街の天使」「四人の悪魔」のジャネット・ゲイナー嬢と「四人の悪魔」「四人の息子(1928)」のチャールズ・モートン氏で「キング・オブ・キングス(1927)」「村の医者」のルドルフ・シルドラウト氏、の他にハリー・コーディング氏、ルシー・ドレーン嬢等が助演している。カメラは「大河の奇賊」「カルメン(1927)」のルシエン・アンドリオ氏が担任。

「クリスティナ」のストーリー

クリスティナというのはオランダの片田舎に父親と静かに暮らしている乙女の名であった。彼女にも処女時代の空想があった。古代の騎士のように凛々しい眉目秀麗な若者が恋人としていまに自分の前に現れるだろうと夢見ていた。ある日この地方へサーカス団が訪れた。サーカス団の中にジャンという若者がいた。そしてクリスティナとジャンとはお互いに愛し合うように成った。しかし日頃から彼に想いをかけているサーカスの女団長は、ジャンとクリスティーナの仲を割くべく嫉妬の炎を燃して居た。やがて祖父の許しを得て、クリスティナとジャンが結婚式を挙げる当日、女団長の虚偽の訴えによりジャンはサーカスの金を使い込んだ嫌疑で逮捕され、アムステルダムへ護送された。クリスティナは喜びの絶頂から悲しみのどん底へ衝き落とされた。折りも折り、祖父はかねての眼病重って失明した。ジャンを訪ねてアムステルダムへ出掛けたクリスティナはそこでも女団長のために恥ずかしめを受け、すごすごと追い帰された。それでも彼女はジャンを信じて居た。しかし盲目の祖父に欺きを掛けないため、彼女はダークをジャンと偽り、悲しい結婚式を挙げようと決心した。クリスティナの悲しい企てを知った祖父はこれを止めようとした。その時階段を登って来る足音が聞えた。それはクリスティナを求めるジャンであった。2人は初めて堅く抱き合った。

「クリスティナ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クリスティナ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス映画
レイティング

「クリスティナ」のみんなのレビュー

「クリスティナ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません


「クリスティナ」を観ているあなたにおすすめの映画