クラブ・ラインストーン 今夜は最高!

くらぶらいんすとーんこんやはさいこう
上映日
1986年4月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

カントリーのスター歌手がずぶの素人を一人前の歌手に育てあげるという音楽映画。製作はハワード・スミスとマーヴィン・ワース。エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ガリンとレイモンド・カッツ。監督は「ポーキーズ」シリーズのボブ・クラーク。75年にラリー・ワイスの書いたヒット曲「ラインストーン・カウボーイ」にヒントを得て、フィル・アルデン・ロビンソンがストーリーを書き、彼とシルヴェスター・スタローンが脚本を執筆した。撮影はティモシー・ギャルファス、音楽はドリー・パートン、編曲・指揮はパートンのレコードのブロデューサーをしているマイク・ポストが担当。出演はスタローン、パートンの他にロン・リーブマン、リチャード・ファーンズワースなど。ドルビー・ステレオ。

「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」のストーリー

ジェイク(ドリー・パートン)はニューヨークのナイトクラブラインストーンの花形スターだった。オーナーのフレディ(ロン・リーブマン)は超ボインのジェイクに言い寄っていた。ジェイクはフリーになりたかったが、フレディは、「2週間でジェイクの代りができる歌手をスカウトするか、素人をスターに育てあげること。もし彼女が負けれぱ、さらに5年間ラインストーンで歌いフレディとメイクラヴすること。勝てばフリーになれる」という賭けを申し出た。彼女のボインに見とれて事故をおこした夕クシー運転手ニック(シルヴェスター・スタローン)を選んで、歌声をテストした。これがひどい音痴。今となっては後にひけず、ジェイクは故郷のテネシーにニックをつれて特訓することにした。ジェイクの父親ノア(リチャード・ファンズワース)は心やさしい西部気質の男で、ニックを大歓迎した。ジェイクのかつての婚約者バーネット(ティム・トマーソン)は、嫉妬してインネンをつけたりする。ジェイクの特訓で、ニックはみちがえるほどうまくなった。ニューヨークに戻ったジェイクは、ニックが浮き足だっているので注意し、ついに喧嘩になる。ラインストーンでの出番がせまったが、ニックはジェイクがいないと落着いて舞台に立てなかった。彼女がフレディのところにいることを知り、馬で駆けつけて彼女を救出する。ラインストーンでニックは歌うが、客はブーイングで迎えた。しかし、客の関心をひきつけることに成功したニックは改めて歌って拍手をもらう。ジェイクもとび出し、デュエットで歌い始めて、大ウケする。ジェイクとニックは熱いキスをかわした。

「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1986年4月19日
製作会社 ハワード・スミス・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」のみんなのレビュー

「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「クラブ・ラインストーン 今夜は最高!」を観ているあなたにおすすめの映画