• TOP
  • クライム・オブ・パッション

クライム・オブ・パッション

くらいむおぶぱっしょん
上映日
1985-09-07

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

昼はデザイナー、夜は娼婦。昼と夜の顔を持つ女をめぐって愛の本質を描く。製作・脚本はバリー・サンドラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはラリー・トンプソン、監督は「アルタード・ステーツ未知への挑戦」のケン・ラッセル、撮影はディック・ブッシュ、音楽はリック・ウェイクマンが担当。出演はキャスリーン・ターナー他。
昼はデザイナー、夜は娼婦。昼と夜の顔を持つ女をめぐって愛の本質を描く。製作・脚本はバリー・サンドラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはラリー・トンプソン、監督は「アルタード・ステーツ未知への挑戦」のケン・ラッセル、撮影はディック・ブッシュ、音楽はリック・ウェイクマンが担当。出演はキャスリーン・ターナー他。

「クライム・オブ・パッション」のストーリー

現代のロサンゼルス。ボビー・グラディ(ジョン・ローリン)は29歳。ハイスクール時代はフットボールの花形スターとして活躍し、今は、同じ学校のチアリーダーだったエイミー(アニー・ポッツ)と、ふたりの子供と平穏な家庭生活を送っている。しかし、表面の平和さとは裏腹にボビーとエイミーの間は完全に醒めきっていた。ジョアンナ・クレーン(キャスリーン・ターナー)は、ファッション・デザイナーとして活躍する美しい女性だったが、仕事だけに生き男性を寄せつけない冷たい雰囲気を持っていた。そんな彼女に、企業スパイの疑いがかかり、その調査員として、金の必要にせまられたボビーが起用される。彼は盗難予防警報器の販売店を持っていたが、スパイ調査はあくまでもアルバイトだった。やがて、ジョアンナを尾行するうちに、ボビーは、彼女の意外な二重生活を目撃する。昼は真面目に働く彼女が、夜になるとチャイナ・ブルーという名の大胆な娼婦に変身するのだった。いかがわしい場所で自分のセックスのパワーをきたえることによって、自分の本当の感情に対する恐れを包み隠していたのだった。客になりすまして彼女に接近したボビーは、やがて彼女の魅力のとりこになってしまった。味気ない夫婦生活でおさえていたセックスの不満が一気に爆発し、最初の夜、2人は、お互いにかつて味わったことのないセックスの快楽の極みにまでのぼりつめた。しかし、ボビーが立ち去ると、またしてもジョアンナは自分の感情を包み隠した。それから、ジョアンナは、ピーター・シェイン(アンソニー・パーキンス)という奇妙な客となじみになった。彼は、夜な夜な歓楽街に現われ、娼婦たちの罪業を治療しようとでもしているようだった。ジョアンナを忘れられなくなったボビーは、ジョアンナのアパートを訪れた。自分の正体を知っているボビーに驚く彼女。しかし、ボビーに、行きづまった時は慰めてあげると告げた。エイミーにますますいや気のさしたボビーはジョアンナと暮らそうと彼女を再び訪ねるが、彼女はそれを拒んだ。1度は親友のホッパー(ブルース・デイヴィスン)の所に行くが、結局はジョアンナの所に戻った。抱き合う2人。しかし、エイミーからディナーの招待を受け、ほんの軽くあいさつするつもりで出かけた後、ひとり部屋にいたジョアンナをシェインが訪れた。彼は怒り狂ってジョアンナにナイフで襲いかかった。一方、ボビーが去って後悔し、よりを房そうとエイミーは必死になるが、もうボビーの気持ちはジョアンナに移っていた。ジョアンナの部屋に戻ったボビーは、そこでジョアンナがシェインに殺されるのを目撃するが、それは服装を入れかえたための錯覚で、死んだのはシェインだった。ボビーとジョアンナは、強く抱き合うのだった。

「クライム・オブ・パッション」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クライム・オブ・パッション」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1985-09-07
製作会社 ドナルド・P・ポーチャーズ・プロオライオン作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「クライム・オブ・パッション」のみんなのレビュー

「クライム・オブ・パッション」のレビューを書く

「クライム・オブ・パッション」をBlu-ray/DVDで観る