蜘蛛の怪

くものかい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フルトン・アワースラー及びロウェル・ブランタノの二人が合作した舞台劇からバリー・コナーズとフィリップ・クラインが映画台本にかき改め「街のをんな」と同様ウィリアム・キャメロン・メンジースとケネス・マッケンナ両人が監督したもので主演者は「各国の女」「愛の暴風」のエドモンド・ロウと「踊るカレッジ」「熱沙果つるところ」のロイス・モーラン、助演するは「各国の女」「ビッグ・トレイル(1930)」のエル・ブレンデル、ジョージ・E・ストーン、ハワード・フィリップス、アール・フォックスその他で撮影者は「四つの壁」「ソレルとその子」のジェームズ・ウォン・ホウである。

「蜘蛛の怪」のストーリー

催眠術を得意とする魔術師のシャトランドは己が助手である若者アレクサンダーを健忘症の状態にしてみようと苦心した。ビヴァリー・レーンという娘は、このアレクサンダーを一目見るや10年来巡り会いたいと思っていた兄だと直感的に信じた。そして現在自分の面倒を見てくれている金持ちの伯父カリントンにその話をした。そこで二人は事実を確かめるためにシャトランド出演中のティヴォリ劇場へ赴くこととなった。シャトランドが舞台に姿を現した時、彼は助手のアレクサンダーに18番の催眠術をかけようとした。小道具の一つとして一個のロケットが用いられたが、それはビヴァリーがアレクサンダーに与えた品物なのでカリントンは不承知を唱え出した。この結果、シャトランドとカリントンは客席で争いはじめた。折りも折り、突然電気が消え、しかも一発の銃声さえ聞こえた。そして再び灯がついた時カリントンは致命的な重傷を負っていた。ライレー警部はこの事件をシャトランドとアレクサンダーが予ねてから計画していたものと睨み、アレクサンダーを嫌疑者として引致した。シャトランドは彼の無罪を立証するためあらゆる奔走をした。ビヴァリーもついに思いあまって彼を己が肉親の兄弟であると発表し、世人を驚かした。そのため、アレクサンダーは解放されたが真犯人は未だ縛に就かなかった。やがてある霊謀術の方法によって下手人が発見されるに至った。そしてそれに力を尽くしたシャトランドは自分達の上に蓋われた世人の疑いを解くことが出来た。この事件がこうして終局を告げた時、シャトランドはいつのまにかビヴァリーに恋している自分を発見した。そしてそれを打ち明けた彼はビヴァリーも同じ想いであったことを聞かされたのである。

「蜘蛛の怪」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「蜘蛛の怪」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「蜘蛛の怪」のみんなのレビュー

「蜘蛛の怪」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「蜘蛛の怪」を観ているあなたにおすすめの映画