くちづけ(1969)

くちづけ
上映日
1970年2月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

学生同志のさわやかな恋物語。監督は製作も兼ねたアラン・J・バクラ。ジョン・ニコルズの原作をアルヴィン・サージェントが脚色。撮影はミルトン・クラスナー、音楽はフレッド・カーリンが担当。出演は新人ライザ・ミネリ、ウェンデル・バートン、ティム・マッキンタイアーなど。

「くちづけ(1969)」のストーリー

入学の希望に旨をはずませて大学に向かっていた勉強家のジェリー(ウェンデル・バートン)は、途中で“プーキー”(ライザ・ミネリ)と呼ばれている、おかしな女の子を知った。彼女もジェリーの学校の近くの大学へ行くところであった。彼は、最初から彼女の茶目っ気ぶりに驚かされてしまった。学校についたジェリーは学生寮に入り、シュマッチャー(ティム・マッキンタイアー)と同室になった。プーキーが突然寮を訪れたのは、それから間もなくのことだった。初めはそのあつかましさにあきれていたジェリーも、このファニー・フェースの不思議な女の子に、次第に魅かれていった。そして、ある週末に2人は初めてくちづけをかわした。10月の湖畔での、ブランコと凧上げ遊び、激しく燃える心はやがて互いの肉体を求め合った。プーキーに夢中になったジェリーの学業成績は低下した。そこでシュマッチャーの提案もあり、クリスマス休暇に山ごもりして、勉強することにした。この話を聞き、プーキーは傷つけられたが、結局2人は別々に休暇をすごすことにしたが、再会した2人の気持には、どこかずれがあった。そして年に1度の寮のパーティで、プーキーは反抗的な言動に出て、学生をいかさまと言い、シュマッチャーをホモだときめつけた。シュマッチャーはやがて自分でカレッジを去って行った。ジェリーは、彼がプーキーを許してくれたことを彼女に告げた。やがて復活祭の休暇がやってきた。プーキーの懇願で、ジェリーは彼女といっしょにその休暇をすごすことになったが、激しく求めあっても、陽気にはしゃいでも、冷たいものが2人の間をへだてていた。そして、休暇が終わった時、プーキーの姿はジェリーの前から消えていた。ジェリーは、あてどなく彼女の姿を求めてさまようのだった。(パラマウント配給*1時間48分)

「くちづけ(1969)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「くちづけ(1969)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年2月28日
製作会社 アラン・J・パクラ・プロ製作
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「くちづけ(1969)」のみんなのレビュー

「くちづけ(1969)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。