• TOP
  • 燻ゆる情炎

燻ゆる情炎

もゆるじょうえん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

セイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが特に書卸した脚本で、これを「信号塔」「バタフライ」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督したもの。主役は久しく映画界を遠ざかっていた性格女優ポーリン・フレデリック嬢で、「バタフライ」「大速力王」等出演のローラ・ラ・プラント嬢、「男子怒れば」「永遠の嘆き」等出演のマルコーム・マッグレゴアー氏、「ストレインジャー」「離婚希望」等出演のタリー・マーシャル氏等が相手役として出演している。
セイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが特に書卸した脚本で、これを「信号塔」「バタフライ」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督したもの。主役は久しく映画界を遠ざかっていた性格女優ポーリン・フレデリック嬢で、「バタフライ」「大速力王」等出演のローラ・ラ・プラント嬢、「男子怒れば」「永遠の嘆き」等出演のマルコーム・マッグレゴアー氏、「ストレインジャー」「離婚希望」等出演のタリー・マーシャル氏等が相手役として出演している。

「燻ゆる情炎」のストーリー

ジェーン・ヴェールは四十近くなる今日までも、父から譲られた工場の管理にいそしんで、温い人の情けを知らずに過して来た。彼女の工場に働いていたロバート・エリオットと言う青年は、工場で改良すべき點を叫んで彼女の注意を牽き、やがてジェーンはこの自分よりも、遥か年下のロバートに次第に興味を覚えるようになった。彼は副支配人に昇進したので、今まで彼と一緒に働いていた工場の人々は、二人の仲を色々に風評し始めた。ロバートは彼女を憐れむ心から結婚を申込んで承諾された。ジェーンの妹ドロシーが大学から帰って来て、ロバートに彼は姉の金が目的で結婚を申込んだのだと罵ったが、日が経つにつれて、彼女はロバートの男らしさに恋をさえ感じるようになった。ロバートはドロシーを心で愛しながらもジェーンと結婚せねばならなかった。しかしジェーンは妹と若い夫との秘められた恋に気が附いた。若い二人の幸福を希うジェーンは遂に自分の幸福を犠性にして、二人の仲を纏めてやろうと悲しい決心をした。そしてジェーンは自分がロバートと結婚したのは、大きな間違いであったと、心にもない嘘言をついてのであった。

「燻ゆる情炎」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「燻ゆる情炎」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ユ社ジウエル映画
配給 ユニヴァーサル支社
レイティング

「燻ゆる情炎」のみんなのレビュー

「燻ゆる情炎」のレビューを書く