悪の実力者

あくのじつりょくしゃ
上映日
1960年8月30日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカ犯罪史上有名な兇悪ギャング、プリティ・ボーイ・フロイドの半生を描くもの。監督・脚本はテレビ映画出身のハーバート・J・リーダー。撮影はJ・バージ・コントナー。音楽はデル・セルノとウィリアム・サンフォードの共同。ジョン・エリクソンがフロイドに扮するほか、バリー・ニューマン、ロイ・ファントら。の出演製作はモンロー・サクソン。

「悪の実力者」のストーリー

通称プリティ・ボーイことチャールズ・アーサー・フロイド(ジョン・エリクソン)は前科者だが、厚生を誓い刑務所を出た。職場で人妻と恋に落ち、亭主が前身をばらしたためクビになった。傷心のチャールズはオクアホマの故郷に帰った、父は百姓仲間の1人に殺されていた。幼馴染みの保安官ブラッキー(ハーブ・エバース)を訪ね、父の仇を討つといった。苦難の末、チャールズは仇を討ち、死体を隠した。彼は再び悪の道に戻った。奪った金は貧乏な百姓に与えた。新聞は彼を“西部のロビン・フッド”と書いた。カンサスでリリー(ジョアン・ハーベイ)と知り合った。彼女の夫の密告で危うく警察から逃れたチャールズは男を射殺した。しだいに大物になったチャールズは、各地を荒しニューヨークに出没し、遂にブラッキーまで殺してしまった。兇悪犯チャールズに、人々は恐れおののいた。1933年に彼は5人の警官を機関銃で惨殺した。連邦警察は各州と緊密に連絡し、逮捕の網の目をじわじわとちぢめていった。1934年、遂に警察に凱歌が上った。さしもの兇悪犯もみじめな最後をとげた。

「悪の実力者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「悪の実力者」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1960年8月30日
製作会社 コンチネンタル=ルサック映画
配給 映配
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「悪の実力者」のみんなのレビュー

「悪の実力者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「悪の実力者」を観ているあなたにおすすめの映画