愛怨二重奏

あいえんにじゅうそう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「小都会の女」「愛の花篭」のロバート・テイラーと「ガルシアの伝令」「花嫁の家出」のバーバラ・スタンウィックとが主演する映画で、ジョージ・オーアバックの原作を「脱線僧正」のレオン・ゴートンと「彩られし女性」のジョン・ミーハンが協力脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「桑港」のW・S・ヴァン・ダイクが監督し、「桑港」「巨星ジーグフェルド」のオリヴァー・T・マーシュが撮影した。助演は「五ツ児誕生」「彩られし女性」のジーン・ハーショルト、「港に異常なし」「僕の脱走記」のジョセフ・カレイア「青春の抗議」のジョン・エルドレッジ、「放送豪華版」のサミュエル・S・ハインヅその他の面々である。

「愛怨二重奏」のストーリー

クリスはロスモーア鉱山会社の地方病研修所にファーレンハイム教授の下で働いている若い科学者だった。南米の鉱山に班点病が流行し、多数の坑夫が倒れたので、それを撲滅するため教授は同地へ発足することになり、クリスもその1行に加えられた。ところが出発の10日前、彼はマネキンをしているリタと熱烈な恋に陥り、自分の前途を犠牲にしても彼女と結婚する決心を固め、兄と父に打ち明けた。兄のトムはしかし弟の将来のため断固として2人の結婚に反対した。クリスはデヴィスの経営するナイトクラブに借財を負っていたが、トムはそれも支払ってやり、彼を南米に出発させた。クリスも今は仕方なく寂しくあきらめて1行と共に出帆したが、納まらぬのはリタであった。クリスの1行は南米で血清の発見に努力したが成功しない。何カ月か経ってクリスは教授から休暇を与えられニューヨークへ帰って来た。すると以外にもリタは復讐のため色仕掛けで兄のトム蕩し、名義だけの結婚をして姿をくらましてしまっていた。クリスはこれを知って兄のため逆に復讐しなければならぬと決心した。デヴィスの店で働いているリタを見つけると、彼は一緒に南米へ連れて帰った。心から彼を愛しているリタは彼を信じて南米へ行き、兄が離婚してくれるのを待っていた。クリスは血清の研究を続けているうち、ついに殆ど偶然の機会から病菌の伝染は山羊の体につく扁虫を媒介とし、血清は山羊の血液から採れることを発見した。しかしその時同地の官憲は彼らの血清に原住民を実験することを禁止する。そこへトムから離婚通知が届いた。クリスは嘆くリタを押し切って彼女にニューヨーク行きの旅費を与え、自分は教授と2人奥地へ行き、自分の体を血清の実験に供しようとする。それを知ったリタは直ちに後を追い、密かに病菌を自分で注射した。だがクリスの血清は見事に彼女を救い、命がけの行動に復讐の念も消えた彼は、愛する女と輝かしい業績を持ってニューヨークへ帰った。

「愛怨二重奏」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛怨二重奏」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング

「愛怨二重奏」のみんなのレビュー

「愛怨二重奏」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません