久遠の誓い

きゅうえんのちかい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「生活の設計」「ある日曜日の午後」のゲイリー・クーパーが「特急二十世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバード、「可愛いマーカちゃん」「ベビイお目見得」のシャーリー・テンプルと共に主演する映画で、ジャック・カークランドとメルヴィル・ヴェイカーが共作したストーリーを「クレオパトラ(1934)」「路傍」のヴィンセント・ローレンスが「かたみの傑作」のシルヴィア・サルヴァーグと共同して脚色に携わり「猫眼石怪事件」「女装陸戦隊」のヘンリー・ハサウェイが監督し「ラッパは響く」「女は要らねえ」のハリー・フィッシュベックが撮影している。助演者は「ゆりかごの唄」のサー・ガイ・スタンディング、舞台女優のシャーロット・グランヴィルのほか「恐怖の四人」の駒井哲、「わたしのすべてを」のギルバート・エメリー、等である。

「久遠の誓い」のストーリー

ジュリー・デイと言ういかさま師は上海のホテルにトニと言う美人と納まって居たが金はなく室代を請求された時、ホテルの会計士を装って他のホテルの宿泊人から金を集め、その金で支払いをして出発した。彼が出発する直前に手紙が来て、ジェリーが5年前から別居している妻が死し、娘のペニーが妻の兄ヒギンスンに養われている旨が書いてあった。ジェリーはヒギンスンが 75000ドル寄越せばペニーに対する父の権利を放棄すると宣言し、米国のカネチカットにあるヒギンスン家へ向かうと主張するが、トニは反対して単身パリへ向かった。ジェリーはヒギンスン家を訪ねて却ってわが子ペニーに対する愛情に目覚め、彼女を伴って紐育へ出た。紐育で彼は鉱山を売ると称してフェリックス・エヴァースと言う老人から5000ドル巻き上げ、ペニーを連れてパリへ向かったのであるが、同じ船にフェリックスも乗っていてフェリックスとペニーは仲良しになった。パリでジェリーはトニに再開したが、トニはジェリーに娘の為に改心して正道を歩む事を勧めたのでジェリーは1週35ドルの給料で働くことになった。ここでジュリーはフェリックスに再会し、彼が宝石泥棒である事を発見して驚いた。フェリックスはクレーン夫人と言う老婦人を狙ったがその夫人とペニーとはいつの間にか親友になっていた。そしてある日、夫人はトニが倫敦社交界の花形だった事を知っていて、ペニーを養女にしたいと申し込んだ。ジェリーはペニーを離したくなかった。が、娘の将来の為に意を決し、ペニーを学校の寄宿舎へ送る事にしたクレーン夫人は盛大な送別会を開いてくれたが、その日ジェリーは夫人のエメラルドの首飾りを盗んでペニーの玩具の熊の中に隠した。ペニーはこれを発見して、信じていた父の不正を知って悲しんだ。やむなく、トニは自分が首飾りを盗んだのだと嘘を言ってペニーを慰めた。ペニーの悲しみとトニの真心はいたくジェリーの心をつき、フィリックスにその首飾りを買って貰ったのであったが、彼はそれを取り戻しに行って争い、フェリックスを射殺すると共に自らも重傷を負った。クレーン夫人に連れられて、ペニーは学校へ行く汽車に乗った。ペニーとはこれが最後の別れだった。ジェリーはトニと共に傷ついた身を隠して、見送った。汽車が去ると同時にジュリーはついに大地に倒れた。トニの手厚い看護を受けて、ジェリーは次第に快方に向かった。そしてトニはジェリーの出獄の日を待っていると誓うのだった。

「久遠の誓い」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「久遠の誓い」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「久遠の誓い」のみんなのレビュー

「久遠の誓い」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。