空中レヴュー時代

くうちゅうれびゅーじだい
製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

「レヴュー艦隊」と同じくルウ・ブロックが作製に参与した映画で、自ら原案を立て「類猿人ターザン(1932)」のシリル・ヒューム、「宝石泥棒」のアーウィン・ゲルシー、H・W・ヘーンマンがこれを共同脚色し、「フービー」「突貫赤ん坊」のソーントン・フリーランドが監督「スポーツ・パレード」「頓珍漢嫁探し」のJ・ロイ・ハントが撮影した。作曲は舞台のミュージカル・コメディーで名高いヴィンセント・ユーマンスが書き、舞踊は「レヴュー艦隊」のデーヴ・ゴールドが振り付けしている。主演者は「南海の劫火(1932)」「リオの誘惑」のドロレス・デル・リオ、「ブタペストの動物園」「紅塵」のジーン・レイモンド、「素晴らしき人生」「デリシアス」のラウル・ロウリン、「四十二番街」「ゴールド・ディガース」のジンジャー・ロジャース、英米ミュージカル劇団の人気俳優フレッド・アステアという顔振れで、ウォルター・ウォーカー、フランクリン・バクグボーン、故ブランシュ・フレデリシ等が助演している。

「空中レヴュー時代」のストーリー

ロージャー・ボンドは金元のお坊ちゃんで「ヤンキー・クリッパース」と称するジャズ・バンドにリーダーをしている。小唄作家としても相当の腕があり、自用の飛行機にはピアノを積み込んでいるという変わり者だ。フロリダのマイアミで彼のバンドを指揮した時、ロージャーはラテン系の美人に岡惚れした。その美人は南米リオ・デ・ジャネイロのレゼンデという富豪の1人娘ベリニャだった。ところがロージャーは彼女とダンス等したために、ホテルから出演お断りされてしまう。ベリニャは父親が病気のため支給帰国することになった。一方ロージャーもリオのアトランチコ・ホテルから申込があった。そこで彼は自分の飛行機に彼女を同乗させる。途中無人境と思わしき所に不時着してロージャーは恋をささやいた。ところが彼女には婚約者がリオにあるという。しかもその婚約者は、彼の大学の同窓ドン・ジュリオだった。そしてアトランチコ・ホテルはベリニャの父レゼンデの経営するものであった。ところがホテルを横取りしようと企んでいる悪資本家組合はその筋を動かして、ブラジルの主府の大ホテルでアメリカ音楽を演奏することを許さず、という命令を出させた。そのためせっかくやってきたヤンキー・クリッパース一行は手も足もでないこととなり、ベリニャは幼年時代にドン・ジュリオと誓い合った婚約は破ることはできない、というのでロージャーは恋にも破れねばならない羽目となった。が、ヤンキー・クルッパースが出演できぬとなれば、ベリニャの父親は責任場ホテル経営しなければならぬ、ということをしったロージャーは愛人の父を救うために、リオ・デ・ジャネイロの上空で飛行機応用の空中レヴューを演ずる計画を立てる。それは世界最初の空中レヴューとして大成功を博し、ベリニャの父親の面目は立って悪資本家組合は敗退の止むなきに到った。ロージャーはそれを名残にアメリカへ帰るべく定期旅客機に乗った。ドン・ジュリオはベリニャが真実愛しているのはロージャーである以上自分が退くことを決意し、彼女をせき立てて飛行機上で結婚しようといって出発間際の旅客機に乗り込んだ。そして飛行士に頼んでベリニャとロージャーに空中結婚の式を挙げさせ、自らはパラシュートで飛び降りたのである。

「空中レヴュー時代」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「空中レヴュー時代」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「空中レヴュー時代」のみんなのレビュー

「空中レヴュー時代」のレビューを書く

「空中レヴュー時代」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「空中レヴュー時代」を観ているあなたにおすすめの映画