空中サーカス

くうちゅうさーかす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「港々に女あり」の監督者ホワード・ホックス氏と「蛮勇ミックス」「乱射の巷」の監督者リー・サイラー氏とが協力監督した映画で、グレアム・ベイカー氏とアンドリュー・ベニソン氏との合作したストーリーにより、シートン・I・ミラー氏とノーマン・Z・マクロード氏とが脚色の筆を執った。「青春謳歌」のデヴィット・ロリンス氏、「曲者待った」「新旧恋の三段返し」のアーサー・レイク氏、「空の鍛冶屋」のスー・キャロル嬢、の三人が重要な役を演ずるほか、チャールズ・デラニー氏、ヘイニー・コンクリン氏、ルイズ・ドレッサー嬢等も出演している。

「空中サーカス」のストーリー

或る小さな町にバディーとスピードという仲好しの2人の青年がいた。この2人は共にこの一世を風靡している飛行機熱にうかされ共に未来の大飛行家を夢見ていた。バディーの亡兄の親友チャールズ、マニングはカリフォルニアで飛行場を経営し、多くの飛行家を養成していた。バディーはこのマニングに頼んで飛行家になる積もりでいた。母親はバディーの兄が飛行練習中に墜死して、跡に残ったのは、このバディー1人である事から、仲々にその願いを許さなかったが、バディーのたっての願いから、マニングの許に行く事を許した。そしてバディーはスピードと共にマニングの飛行場へ練習生として入った。その時、2人はマニングの妹で同じく兄の所で飛行術を教えているスーという可愛い元気な娘と知り合いになった。やがて2人に猛練習の日が続いた。滑走から、離陸、飛行、着陸へと、次々に彼等は、空の勇士になる日の到来の為に学んで行った。スピードは先天的に飛行家の素質があって、トントン拍子に上達して行ったが、それに引き換えバディーは1度墜落して依頼というもの、怯気がついてしまい、その後マニングが手を取って教えた時も、また失敗墜落した。そしては彼はただ焦り、興奮し、怯け、悩んでいた。そうした内にスピードとスーとの恋が、一方では、成長して行った。故郷にいたバディーの母は、ある日不安に脅され我が子を訪ねてこの飛行場にやって来た。それはバディーが再び墜落した日の夜であった。母は家に帰る事を我が子に勧めた。が、バディーは飛行する事を止める条件の下に、卒業の日まで此処にいる事にしてもらった。卒業の当日、バディーを除く生徒全部は、単独飛行を行う事になった。その時、スーとスピードとの同乗した飛行機は離陸の際に、車輪をぶつけてそれを失ってしまった。が、2人はそれには気付かなかった。バディーは親友の危機を見て、忽ち勇気を振るい起こし、自ら飛行機を飛ばして空中に2人の跡を追い、2人にその危険を知らせた。バディーは自ら1人の力で飛んだ。彼は喜びの余り涙を流して叫んだ。「お母さん!僕飛べますよ、飛べますよ」。

「空中サーカス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「空中サーカス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 フォックス
レイティング

「空中サーカス」のみんなのレビュー

「空中サーカス」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。