疑惑の渦

ぎわくのうず
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アーネスト・パスカル氏とレオナード・プラスキンス氏との合作した戯曲の映画化で「言論の自由」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもの。ロバート・N・リー氏が戯曲の改作に当り、それによってJ・G・ホークス氏が撮影台本を執筆した。主役を演ずるのは「紳士は金髪がお好き(1928)」「ミスター・ウー」のホームズ・ハーバート氏、「沈黙(1926)」「相縁奇縁」のロックリフ・フェローズ氏、「コーラス・ガール」「パリのアパッシュ」のマーガレット・リヴィングストン嬢、及びユ社の新進フレッド・マッケイ氏、等の人々であるがそのほかフィロ・マッカロー氏、クローフォード・ケント氏、も出演している。

「疑惑の渦」のストーリー

以前はサーカスで鳴らしていた曲芸師のピーター・ドワイトは情婦のフローレンスが二人の間に成した娘を連れて他の男と馳落をして以来、その仕事が嫌になり、ヒンドゥーの占星師となり名もマリーン伯爵と改めた。そうしている内に彼は今はリチャード・タルボットの情婦となっているフローレンスが占いを頼みに彼を訪れたのにめぐり合い、彼女の過去を指摘することによってフローレンスを驚かした。その後、マリーンはフローレンスの邸に招かれ、魔法の箱の奇術と占いとを人々の前で演ずることとなった。マリーンがその邸に行くと、やがて彼はフローレンスが若い医者と馳落ちをしようとしていること実を知ったので、その時、彼は初めてその本身をフローレンスの前に現わし、二人の間に出来た娘の幸福を破壊しないようにと警告を発した。その内にフローレンスが魔法の箱の内に入って奇術の実験をすることとなった。が、時が経ってもフローレンスが箱の中から姿を見せないのでマリーンは不審に思い箱の裏にある秘密の扉をあけると、こは如何に、フローレンスは何者かのため毒あるピンによって殺害されていた。折柄、人々の間に交っていた地方検事のディアリングはそれをマリーンの仕業として彼を別室で取り検べようとした。が、その時、マリーンは助手たちの助けをかりて巧みに立廻り却って自ら人々を訊問した結果、当のタルボットが真犯人であることを突き止めた。そうした上でマリーンは改めて己れが実はピーター・ドワイトであることを告白し、久し振りで可愛いい娘と相擁したのである。

「疑惑の渦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「疑惑の渦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「疑惑の渦」のみんなのレビュー

「疑惑の渦」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません