疑問のK

ぎもんのけー K-the Unknown
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「王様万歳」の原作者なるメアリー・ロバーツ・ラインハート女史原作に成る小説「ケイ」“K”をレイモンド・L・シュロック氏、ホープ・ロアリング女史、ウィリアム・ライトン史の3人で脚色し、「拳闘王」「無鉄砲時代」等と同じくハリー・ポラード氏が監督した。主役は「信号塔」「女性の輝き」等出演のヴァージニア・ヴァリ嬢、「冬来たりなば」「消え行く燈明」等出演のパーシー・マーモント氏、それにアメリカン映画時代懐かしきボラード氏夫人なるマーガリータ・フィッシャー嬢である。この原作はかつてミルドレッド・ハリス嬢を主役として初期ジウエル映画として製作され「医師と女」として我が国に紹介された事があるから、古いユ社のファンにはご存じの筈である。

「疑問のK」のストーリー

漂泊の人ケイはページ家の食客となったが彼の前身は少しも判らぬが卑しからぬその風采に人々から愛されていた。彼はその家の娘シドニーに深い恋心を抱いていたが、それとは口に言い出し得ない。シドニーは看護婦として勤めている病院のマックス・ウィルスン博士に恋している。博士は技術は優れた人であるが、不品行な男で、看護婦のカーロッタを愛する傍シドニーの乙女心を弄んでいるのだった。シドニーに恋していたジョーは博士の不身持を憤って博士を狙撃した。その傷は「エドワード式手術」に依らねば助かる見込みはないが、手術を行い得るものは当の博士と、発明者たるエドワード博士の2人より無いのである。エドワード博士は理論上正しいこの手術が常に失敗するので責任を尾感じて姿を隠していたが、この時現れて手術を施しウィルスン博士の命を助ける。エドワード博士は誰であろう。シドニーを恋していた疑問のケイその人であった。シドニーは雄々しい彼の腕に抱かれる身とはなる。

「疑問のK」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「疑問のK」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 ユ社ジウエル映画
配給 ユニバーサル
レイティング

「疑問のK」のみんなのレビュー

「疑問のK」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。