逆襲死の谷

ぎゃくしゅうしのたに
上映日
1969年10月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

メキシコ戦争直後カリフォルニアで勇名を謳われた伝説のメキシコ人、ホアキン・ムリエタの冒険譚。ジャック・ガスの脚本を、TV界のアール・ベラミーが監督した。撮影はジョージ・ストール、音楽には「100挺のライフル」のジェリー・ゴールドスミスがあたった。出演は「スイート・チャリティ」のリカルド・モンタルバン、「恋とペテンと青空と」のスリム・ピケンズ、「OK牧場の決斗」のアール・ホリマン、「コマンチェロ」イナ・バリンなど。製作は「バイ・バイ・バーディー」のデイヴィッド・シルヴァー。

「逆襲死の谷」のストーリー

19世紀半ば、メキシコ戦争でアメリカに敗れたためメキシコは、カリフォルニアをアメリカに割譲した。以来、カリフォルニアは無法者の暗躍する地となった。ホアキン・ムリエタ(リカルド・モンタルバン)もその犠牲となり、家も妻も失った彼は、放浪の旅にでた。途中彼は、ガンマンのシャド・クレイ(アール・ホリマン)、黒人のモーガン(ルーズベルト・グリア)、3本指のジャック(スリム・ピケンズ)、それにアーカンソー(ジム・マクミラン)と知り合った。彼らは旅を続けるうち、オチリア(アイナ・バリン)と、娘クローディア(マリアム・コロン)をサンフランシスコまで送り届けることになった。が実はオチリアは、メキシコ原住民の宝、黄金のマドンナを盗み出し、サンフランシスコに運ぼうとしていたのだった。それを知ったムリエタは、仲間とマドンナ像をとり返そうとしたが、クレイは皆を裏切り、土地の無法者を味方にひきいれ、ムリエタにたち向かった。が、しょせん、ムリエタの敵ではなかった。ムリエタたちは、マドンナ像を悪人からとり戻し、原住民たちに手渡したのだった。

「逆襲死の谷」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「逆襲死の谷」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1969年10月21日
製作会社 デイヴィッド・シルヴァー・プロ
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「逆襲死の谷」のみんなのレビュー

「逆襲死の谷」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません