金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇

きんぱつどらごんぶろんどふぃんがーのうさつへん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

CIA特捜部の美人部員が単身、シンジケートに戦いを挑む。製作はラルフ・T・デシデリオ、監督・脚本はドン・シェーン、撮影はハワード・ブルック、音楽はロバート・G・オーピンが各々担当。出演はチェリー・キャファロー、ティモシー・ブラウン、ジョスリン・ピータース、スコット・エルスワールス、ユキ・シモダ、フリード・ビンセントなど。

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」のストーリー

CIAの女性特捜員ジンジャー(チェリー・キャファロー)は、黒人特捜員クレイ(ティモシー・ブラウン)とともに、CIA本部に呼び出された。。アメリカがアジア某国と秘密裡に進めている貿易会談のことをよく知っているCIA部員が何者かに誘拐されたというのだ。アメリカとアジアの貿易会談がまとまれば、アメリカ側の関係会社の株が急騰し、ボロ儲けができる。この情報を誰よりも早く知った赤毛の女ロニー(ジョスリン・ピータース)の仕業だった。ロニーの別荘がバージン諸島セント・トマスにあることをつきとめたジンジャーとクレイはさっそくそこへ飛んだ。しかし、ロニーは米国代表ホイットニーを人質にジンジャーを捕らえ、政府高官側に一方的な条件をおしつけ、それを成功させた。勝ち誇らんとするロニーはジンジャー、クレイ、CIAそして政府高官をはじめ地元の名士たちを集めて豪華なパーティを催した。ジンジャーは起死回生のある一策を思いつくと、突然パーティの中でストリップ・ダンスを始めた。招待客の眼はジンジャーの豊満な肉体に釘づけになった。苦々しく見つめるロニーの瞳には激しい嫉妬の炎が燃え上がった。クレイはこの機会に、捕らわれの身だった政府高官の娘メリンダを助けだし、それを知ったジンジャーはロニー一味を叩きのめした。

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1972
製作会社 コンチネンタル・プロ作品
配給 NCC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」のみんなのレビュー

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。

「金髪ドラゴン ブロンド・フィンガー悩殺篇」を観ているあなたにおすすめの映画