近代エロ双紙

きんだいえろぞうし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「リオ・リタ」「愛の訪れ」のビーブ・ダンエルス、「青春の夢(1929)」のベン・ライオン、「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演する映画で、チャールズ・ケニヨンが書き下ろし台詞を付したストーリーをもとに「スパイ(1930)」「ブロードウェイ黄金時代」のロイ・デル・ルースが監督し、「スパイ」「地獄の一丁目」と同じくチック・マッギルが撮影にあたったもの。助演者は「アパートの殺人」のナタリー・ムーアヘッド、ジョーン・ブロンデル、アルバート・グラン、ヴァージニア・セールなどである。

「近代エロ双紙」のストーリー

中年の紳士ジョン・ソーンリーは、かねて自分が想いをかけている女優ドリー・メイシーが町へやって来た時、船遊びに誘った。そのとき同行したジョンの友人で若いポップはドリーと深い恋に落ちた。ポップにはコンスエロという妻があったがヨーロッパ旅行で不在だった。ポップは誘われるまま帰途ドリーの宿へ立ち寄ったが互いの激情は激しいものとなり、ポップは遂にその夜をドリーの宿に明かしてしまった。翌日彼は何も知らぬジョンに顔を合わせるのが心苦しかった。だがこうして彼らが恋に酔っている時思いがけなくコンスエロが戻って来た。そこでポップは心ならずもドリーに別れを告げて妻のもとに帰らねばならなかった。ジョンから再び船遊びに誘われたドリーは、妻あるポップを忘れようとその招きに応じた。海上に暮らす数日。その間ポップは自宅にあってコンスエロから意外なことを聞かされた。彼女には既に恋人がありポップとの離婚を望んでいたのだった。船遊びから帰って来たジョンはポップ夫婦の別れ話を聞いて驚いた。そしてポップがドリーを妻として迎え得る自由な立場に立つことを考えると不安にならずにはいられなかった。だが彼は思いきってポップに会い、船中で知ったドリーの気持ちを語った。ポップはさっそくドリーを呼び結婚の約束をしたが彼女に対するジョンの深い愛を思うと彼は自分だけ幸福に酔いしれるに忍びなかった。ポップは飄然として1人海外に去った。ドリーは恋人を失った嘆きに絶えず一時は薬餌に親しむ身となったが、ジョンの温かい慰籍と手当てに健康を取り戻し、やがてその情愛にほだされてジョンと結婚しようという気持ちになった。ところが南フランス海岸のリヴィエラへ来た時、ドリーはゆくりなくもポップに再会した。互いに恋は諦めている身であったが心の色はさすがに隠し切れなかった。2人の胸には離れがたい情がわいた。その時港を出ていく一隻の船があった。2人がふと見ると船上にはジョンの姿が見える。初めて恋を譲られたことを知った2人はこの中年の友人に限りなく感謝するのであった。

「近代エロ双紙」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「近代エロ双紙」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 W・B・F・N社
レイティング

「近代エロ双紙」のみんなのレビュー

「近代エロ双紙」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません


「近代エロ双紙」を観ているあなたにおすすめの映画