禁酒の町

きんしゅのまち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・ライトンの「ビリー・フォーテュン譚」から脚色したものでウィル・ロジャース主演、「ジュピロー」「自然児」そのほかロージャース映画に特殊の腕を揮ったクラレンス・G・バッジャーの監督である。相手役は「正義の記者」「夜の狼」やロージャースもの「呑気者」など出演のアイリーン・リッチである。
ウィリアム・ライトンの「ビリー・フォーテュン譚」から脚色したものでウィル・ロジャース主演、「ジュピロー」「自然児」そのほかロージャース映画に特殊の腕を揮ったクラレンス・G・バッジャーの監督である。相手役は「正義の記者」「夜の狼」やロージャースもの「呑気者」など出演のアイリーン・リッチである。

「禁酒の町」のストーリー

牧童のビリー・フォーチュンは土地の旧家の娘ホープ・ビーチャーを恋い慕っていたが、彼女は町の医者ベン・モーガンに恋していて、ビリーは唯仲良しのお友達として喜び迎えた。ベンはあたら酒のために有望の前途を過ろうとしている男であったが、町に盛んなる禁酒運動が起こってたちまち町の酒飲場は曹達水店になってしまった。ビリーはホープがベンに対する恋を知り己れの恋を犠牲にして2人を円満に一緒にしてやりたく思っていたが、ホープは恋しいながらベンが酒好きであったり、また曹達水店の女売り子などに心惹かれる男であったところから彼の求婚を避けていた。その中附近の鉱山が爆発したので、ビリーはこの時こそベンのホープに対する信用快復の機会であると彼に忠告し、天晴れ功名手柄をたてさせて、ベンに花を持たせてやった。かくしてビリーはホープの妹が贋禁酒家に誘惑されているのをも救い、立派な男となったベンとホープの婚約をも喜び祝い、何時かまた良い花嫁御も来てくれるだろうと、相変わらずお人好しで暮らしていた。

「禁酒の町」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「禁酒の町」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 ゴールドウィン映画
配給 大活輸入
レイティング

「禁酒の町」のみんなのレビュー

「禁酒の町」のレビューを書く