キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて

きんぐそろもんのひほうつーまぼろしのおうごんとしをもとめて
上映日
1987年4月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

野望のうず巻く黄金都市をめぐって冒険家アラン・クォーターメインの活躍を描く冒険映画で「キング・ソロモン」の続編。製作はメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督は「ブラック・ホール」のゲイリー・ネルソン。H・ライダー・ハガードの原作を基にジーン・クインターノが脚色。撮影はアレックス・フィリップス、音楽はマイケル・リンが担当。出演は前作同様リチャード・チェンバレン、シャローン・ストーンほか。

「キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて」のストーリー

恐れを知らぬ冒険家アラン・クィンターノ(リチャード・チェンバレン)と、今や彼の婚約者になった勝気な娘ジェシー・ヒューストン(シャローン・ストーン)。キング・ソロモンの秘密を探す旅(前作)で結ばれた2人は、アメリカで結婚式を挙げるためアフリカを発とうとしていた。だが、その時アランの弟ロブソン(マーティン・ラベット)が参加した探険隊の一員が瀕死の状態でやって来た。一行は東アフリカで黄金都市を見つけたという。男は黄金のコインをもっており、彼を追って、異様な姿の蛮族が姿を現わした。ジェシーの反対を押しきって弟を探す旅に出るアラン。防弾チョッキに身を包んだ彼は、聖人スワーマ(ロバート・ドナー)に会うように教えられるが、スワーマはどうやら下心のある人間のようで、もう1人の戦士ウンスロポガース(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の方が、頼もしい味方のようだった。一方、アメリカヘ向かうはずだったジェシーだったが、やっぱりアランと離れることはできない。とある交易村で無事、アランと合流した。いざ黄金都市へ。一行の行く手には難関が次々と待ち受けていた。“ジャルポラの壁”と呼ばれる古代の石壁の道。下手に歩くと地面から槍が飛び出した。ターナ川を溯った彼らは、蛮族の襲撃を受けた。ここでは槍を跳ね返す防弾チョッキが役に立った。やがて、一行はついに壮大な白亜の城壁を展望する。そこが黄金都市だ。ライオンに襲われた市民を助けたアラン一行は歓迎される。その都市には美しい女王ニレプサ(アイリーン・マーソン)と、その妹で美しいが険のあるソレイス(カサンドラ・ピーターソン)と悪相の祭司エイゴン(ヘンリー・シルヴァ)が市民を支配していた。特にソレイスとエイゴンは陰謀をもっており、市民をライオンに食わせる儀式などを続けていた。アランの登場で脅えはじめたエイゴンは異様な蛮族たちにドラゴンを狙わせた。ウンスロポガースの斧の力で儀式は廃止される。追いつめられたエイゴンは、スワーマにアランの魔術の秘訣を聞きだそうとする。さらに白塗りの蛮族と子飼いの兵士たちを合流させ、武力でアランたち女王派を一掃しようとする。決戦の時が来た。城壁に迫る蛮族の群れ。じりじりと蛮族に追いつめられるアランらだったが、アランに秘策がひらめいた。市民たちを寺院まで退かせ、そこを最後の戦いの場とする。寺院の屋根に黄金の獅子像を溶かし、屋根伝いに灼熱の黄金シャワーを蛮族たちに浴びせるというものだ。みごと功を奏し、エイゴンらは金パクの像と化すのだった。

「キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1987年4月25日
製作会社 ゴーラン/グローバン・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて」のみんなのレビュー

「キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。