金色の野に立つ女

きんいろののにたつおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

デイヴィッド・ベラスコ氏がかつて舞台劇として書き却した戯曲に基づき、アデレード・ヒールブロン女史が脚色し、「琴線の響」「街のマドンナ」等と同じくエドウィン・カリュー氏の監督した映画。主役は「幌馬車(1923)」で返り咲いたJ・ウォーレン・ケリガン氏と、「混線婿君」「バヴー」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢で、その他ラッセル・シンプソン嬢、ローズマリー・セビー嬢、ウィルフレッド・ルーカス氏等が共演している。

「金色の野に立つ女」のストーリー

加州に金の発見された頃の物語。山賊メレッツは酒場の持主なるミニーという美しい娘を恋した。ラメレッツを恋していた踊り子のニナは、彼がミニーに心引かれている事を知って嫉妬に耐えず、彼が山賊である証拠を携えて酒場へ来た。この時シェリフのランスは、嵐のためにミニーの小屋に夜を明かそうとしていたラメレッツ捕縛に小屋を襲った。ミニーは彼を隠してシェリフを追帰したが、彼が山賊であることを知って小屋を去るように命じた。ラメレッツはシェリフに射たれ、傷ついて再びミニーの小屋に逃げ込んだ。恋する男の傷ついたのを見たミニーは憐れと思って彼を隠し追跡して来たシェリフとカルタのゲームを試みて、もし負ければラメレッツを渡し、自分もシェリフの妻になろうが、もし勝てばラメレッツに自由を与え、小屋を去る事を誓わせた。勝負はミニーの勝ちであった。シェリフは約に従って小屋を去ったが、ニナに扇動された村人達がラメレッツを私刑にしようと殺到した。ラメレッルが危地に陥った時シェリフは彼を助けに来た。しばらくして改心したラメレッツはミニーと幸福な生活に入る。

「金色の野に立つ女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「金色の野に立つ女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル
レイティング

「金色の野に立つ女」のみんなのレビュー

「金色の野に立つ女」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません