キラー・ビー(1977)

きらーびー
上映日
1978年1月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

蜂の大群に襲われたアメリカ南部の町の恐怖を描く。製作総指揮はアラン・ランズバーグ、製作・監督は「黄金の指」のブルース・ゲラー、脚本はガードン・トュルーブラッド、撮影はリチャード・C・グルーナー、音楽はウォルター・マーフィーが各々担当。出演はマイケル・パークス、グレッチェン・コルベット、ベン・ジョンソン、ホルスト・ブッフホルツ、ポール・ヘクトなど。

「キラー・ビー(1977)」のストーリー

ミシシッピー河口。幽霊船のようにただよう1艘のバナナ船があった。やがて、船は方向を失い、航行中の大型タンカーと接触事故を起こす。不気味なことに人っ子1人乗っていない。しかも、タンカーの船員は変死体で発見された。その頃、町のシェリフ、マッキュー(ベン・ジョンソン)は、愛犬が何者かによって毒殺されているのを知り、ニューオリンズの検死局へ向かう。だが結果は意外なものだった。若手の検死官助手ジェフ(マイケル・パークス)が、死因は毒殺ではない、と断言したからである。さらに、そこに運ばれて来た船員の死体--、それは全身を針のようなもので刺されたものだった。また犬と船員の胃袋からは多量の蜂蜜が発見される。不審を抱くジェフはかつての恋人で美人昆虫学者のジェニー(グレッチェン・コルベット)に協力を求めた。2人は早速、国立蜂研究所に急ぎ、意外な事実を知らされる。なんとその蜂は、南米に輸入されたアフリカ種の蜂で、ブラジルより逃げ出し、船にまぎれこんできたのだ。この蜂は赤と黒に敏感で、どんな小さな音にも刺激され、人を襲うというのだ。その日、ニューオリンズの町は、1年で1番賑やかなマルディ・グラの祭日。もしその蜂の大群が襲ったら--。ジェフとジェニーは、市長にかけあうが、相手にしない市長。2人は最後の望みに、南米にいる蜂の研究の第一人者、ミューラー博士(ホルスト・ブッフホルツ)に来訪を要請。その頃、町の郊外では惨殺死体が次々と発見される。数日後、ミューラー博士は到着し、ジェフ達は事件の解決の一歩を踏み出した。博士の作戦は、群れの中にいる女王蜂を温和なイタリー種の女王蜂と入れ替えることにより、殺人蜂を中性化し、捕えようというのだ。仮にその女王蜂を殺してしまえば、群れは散り大変なことになる。やがて、ジェニーと博士は町はずれのホットドッグ店で蜂の群れを発見。博士は早速、女王蜂の入ったケースを持ち、防護服を着て店内に入る。しかし、お祭り気分の若者の車が店にとびこみ、博士も蜂に殺されてしまった。全てを目のあたりにみたジェニーは、車のクラクションをつい鳴らしてしまった。群らがってくる蜂。ジェフはかけつけ、彼女の車を町の中心部のスーパー・ドームへ運ぶ。数十万匹の蜂の群らがったその車を冷却装置で殺そうというのだ。ドームの中央にジェニーの車が置かれ、冷却装置が始動する。華氏60度、59度……。45度になると蜂は死ぬのだ。酸欠状態のジェニー。長い緊張と恐怖が彼女を襲い、半死状態で気を失ないかけていた時、華氏45度になった--。

「キラー・ビー(1977)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キラー・ビー(1977)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1978年1月21日
製作会社 ブルート・プロ作品
配給 松竹・富士映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「キラー・ビー(1977)」のみんなのレビュー

「キラー・ビー(1977)」のレビューを書く

「キラー・ビー(1977)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。

「キラー・ビー(1977)」を観ているあなたにおすすめの映画