君若き頃

きみわかきころ Maytime
製作国
アメリカ

上映時間
132分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」と同じくジャネット・マクドナルドとネルソン・エディが主演する音楽映画で、リダ・ジョンソン・ヤング作、シグモンド・ロンバーグ作曲の音楽喜劇をノエル・ラングレーが脚色し、「巨星ジーグフェルド」「逢瀬いま一度」のロバート・Z・レナードが監督し、「桑港」「巨星ジーグフェルド」のオリヴァー・T・マーシュが撮影した。助演俳優は「ロミオとジュリエット」のジョン・バリモアを始め、「ローズ・マリイ(1936)」のハーマン・ビング、「紅雀」のトム・ブラウン、新顔のリン・カーヴァ、「港に異常なし」のラファエラ・オッティアノその他である。

「君若き頃」のストーリー

ニュー・イングランドのある町で静かな余生を送っている老婦人マーシャ・モリスンは、五月祭りの喜びに若人の声さんざめく公園に足を運ぶと、知合の青年キップがこの歓楽をよそに浮かぬ面持ちに沈んでいるのを見て、優しく近づいてその訳を問うた。許婚のバーバラがオペラ歌手を志し、彼を離れて遠くのニューヨークへ去るというのである。マーシャは彼を慰めて帰ったが、しばらくするとキップと言い争ったバーバラは老婦人を訪れて、字部はかつてのかの有名な歌手マーシャ・モルネイのように立派な歌手に成りたいのだと訴えるのであった。老婦人はバーバラに向かい、そのマーシャ・モルネイこそ今日の自分であると往時を回想しつつ次のような身上話を語った。ルイ・ナポレオンの宮廷に召された美しいプリマ・ドンナ、マーシャは彼女の音楽教師兼マネージャーのナザロフに伴われ、綺羅星の如く居並ぶ顕官や花のような淑女を前にして唄った。当時作曲家として名声高きトレンチニは彼女の唄に感服しナザロフが特に彼女のために作曲を依頼した時も快く承知した程であった。その夜ナザロフはマーシャに結婚を求めた。彼を愛してはいなかったが今までの深い恩義があった。承諾はしたものの眠れぬままにマーシャは馬車を駆って市中を走り、いつか睡魔に襲われて目覚めればパリの学生街に来ているのだった。闇を破って流れる学生たちの歌声に惹かれてある料理店に入ると、彼女はそこで歌の巧い米国の青年ポールに逢った。求められるまま彼女は次の日の再会を約した。ナザロフへの気兼ねはあったが、約束通り二人は逢った。そして翌日二人は郊外で楽しい一日を過ごし、互いに強い恋心を覚えたがナザロフとの結婚を告げて二人は涙をのんで別れた。ポールは帰国し、ナザロフと結婚したマーシャはいよいよ名声を加えて七年の歳月が流れた。ニューヨーク公演のために夫と一緒に渡米したマーシャは、意外にも相手役に選ばれたのがポールであることを知って驚いた。二人の恋は再び燃え、マーシャはすべてを夫に告白して自由を乞うた。ナザロフは快くそれを承知したが、心ではポールを射殺する決心をしているのだった。彼女が跡を追った時は既に遅くポールは地上に倒れていた。老婦人の話はここで終わった。夢から覚めたようにバーバラはキップの腕に帰り、老いたるマーシャの魂は花吹雪の中で静かに昇天した。

「君若き頃」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「君若き頃」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
上映時間 132分
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ
音量 モノラル

「君若き頃」のみんなのレビュー

「君若き頃」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。