アカプルコの出来事

あかぷるこのできごと Love has Many Faces
上映日
1965年4月27日

製作国
アメリカ

上映時間
104分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

実話にもとずいて「ダイアモンド・ヘッド」のマーゲリット・ロバーツのシナリオを新人アレクサンダー・シンガーが演出した風俗ドラマ。撮影は「僕のベッドは花ざかり」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「明日になれば他人」のデイヴィッド・ラクシンが担当した。出演は「浮気の計算書」のラナ・ターナー、「ニューヨークの休日」のクリフ・ロバートソン、「翼のリズム」のヒュー・オブライエン、ほかにルース・ローマン、ステファニー・パワーズなど。

「アカプルコの出来事」のストーリー

ビリーの死体がアカプルコの海岸にあがった。キット(ラナ・ターナー)からの贈り物の金の腕輪をして。キットは夫ピート(クリフ・ロバートソン)との結婚生活に疲れを感じていた。事件以来2人の溝は深まった。ビリーの婚約者キャロル(ステファニー・パワーズ)が葬儀のためにやって来た。頽廃的なこの町から、早く去った方が良い、と説くピートの忠告には耳をかさず、ビリーの死の真相を探ろうとするキャロルは、いつしかピートを愛してしまうようになった。キットもピートの心が完全に自分から去ったことを知った。そして、近くの町のティエンタに行ったキャロルをピートが追って行ったのを知ったとき、キットはまだピートをあきらめていないこと、またキャロルへの挑戦をも意識した。なぜなら、ピートの旧友で彼女に言い寄るハンスの車で、2人を追ったのだから。ティエンタとは若い牡牛が闘牛に敵しているがどうかを試す儀式。ピートもその試し役の1人だった。儀式が終わり、ピートに並んで馬を進ませるキャロルを見たとき、キットはやにわに牛の放牧場に馬を駆った。驚いた牡牛にキットは下腹をえぐられた。病院。キャロルはピートが傷ついたキットと牛の間に身を躍らせたときのことを考えていた。経過が良好と知ったとき、キャロルは病院を去った。キットとピートはまたいつしか愛しあうようになった……。

「アカプルコの出来事」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アカプルコの出来事」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年4月27日
上映時間 104分
製作会社 ジェリー・ブレスラー・プロダクション映画
配給 コロムビア
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「アカプルコの出来事」のみんなのレビュー

「アカプルコの出来事」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。