昨日への道

きのうへのみち The Road to Yesterday
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「金色の寝床」を最後としてパラマウント社を去り制作者としてビー・ティー・シー社に入ったセシル・B・デミル氏の第一回監督作品で、ビューラー・マリー・ディックス女史とエヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド氏合作の劇を映画化したもの、例によってジャニー・マクフアソン女史が原作者ディック女史と共同して脚色した。主役は「嵐の孤児」に出演したジョセフ・フィルドクラウト氏と「東へ向く三つの顔」「ブライト・ショール」出演のジェッタ・グーダル嬢が勤め、「金色の寝床」「地獄極楽」出演のヴエラ・レイノルヅ嬢、「地獄極楽」出演のウィリアム・ボイド氏を始め、ジュリア・フェイ嬢、カツソン・ファガソン氏、トリクシー・フリガンザ嬢等が共演している。

「昨日への道」のストーリー

ケネス・ボールトンとその新妻マレナとは楽しい密月をあるホテルで過ごした。マレナは夫を愛していると共に恐怖に似た感情に囚われて身も心もケネスの愛に溶ろけることが出来ない。ケネスはそれが不快で堪らず、自然憂鬱に沈んだ。そして遂にある日ホテルの近くの少年団のキヤンプの起居している友人で若い牧師のジャック・モアランドに訴えた。牧師はただ神に祈れと勧めた。ホテルにはベス・タイレルとその許婚者アドリアン・トムキンスとも泊まっていた。ベスはお転婆娘でアドリアンは金持ちののらくらだった。ベスはある日ジャックの雄々しい姿を見て牧師とは知らず思いを寄せアドリアンとの婚約を破った。数日後ケネスが催した宴会の席でベスは初めてジャックが牧師であることを知った。モダーンなベスには物堅い牧師は幻滅以外の何ものでもない。彼女に恋していたジャックの求婚をベスはにべもなく拒絶した。ケネスは腕に故障のある一種の障害者だったが、妻マレナとの融和せぬ感情が昴ぶると共に彼の腕はなお悪くなり、いくら祈っても神は彼の願いを聞き届けてくれそうにもない。ケネスはジャックを訪ねて神を呪い友を罵った。そして帰ると妻に別離を宣言して1人名医の診察を乞うべくシカゴ行の列車に乗った。マレナも棄てられて留っても何かせんと同じ列車の隣の車に乗り込んだ。仲直りしたベスとアドリアンも途中からこの列車に乗ったがジャックも乗り込んでいることをベスは知らなかった。この5人を乗せた列車は衝突転覆した。辛くも身を以て逃れようとするケネスは裂白の悲鳴を耳にした。それは車軸の下敷きになっているマレナだった。ベスは人事不省に陥り、狂信者の叔母ハリエットに常々聞かされた前世の道--昨日への道に逍遥い始めた。妻の叫びにケネスは無我夢中でマレナを救い出した。今は怨みも去った腕に妻を抱いて彼は初めて愛と信頼に燃ゆる妻の目を見た。ベスは昨日への道に於いて自分がジャックを愛していることを悟った。意識を回復した時ベスはジャックに介抱されていた。かくてケネスとマレナ、ベスとジャックとは新生に甦った。

「昨日への道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「昨日への道」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ビー・ティー・シー映画
配給 欧米映画社
レイティング

「昨日への道」のみんなのレビュー

「昨日への道」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「昨日への道」を観ているあなたにおすすめの映画