北国の法律

きたぐにのほうりつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

チャールズ・レイ氏の出演劇としては珍しいもので、雪のカナダが背景である。対手は「男性美」と同じくドリス・リー嬢とロバート・マッキム氏、それにグロリア・ホープ嬢が出演している。

「北国の法律」のストーリー

カナダにある要塞司令官モンカルムの息子アレインは父の用でサン・フェリシアンへ行った留守、父は狼と異名を取った悪漢ル・ノーアの為殺され、あまつさへ妹のヴァージニーは奪い去られた。これを知ったアレインは怒に燃えつ父の仇ルノーアを追う。そして廃滅している要塞内にルノーアを追詰めて流血淋漓たる格闘が起こる。その場に居合わせたヴァージニーはルノーアの弾に倒れた。逃れ行くルノーアの後からは橇に乗ってアレインが再び追って行く。途中アレインはインド人の毒手を逃れて来たルノーアの娘テレサを救う。ルノーアは狼の襲撃を受けて横死を遂げ、ヴァージニーの傷は程なく癒えテレサに対するアレインの憐みの念は愛に代わって行った。

「北国の法律」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「北国の法律」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1918
製作会社 パ社インス映画
レイティング

「北国の法律」のみんなのレビュー

「北国の法律」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。

「北国の法律」を観ているあなたにおすすめの映画