キスメット(1930)

きすめっと
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつて映画化されたことのあるエドワード・ノブロック作の同名の舞台劇のトーキー化で、キスメット俳優として名あるオーティス・スキナーが主演するもの。「恋の花園」「愛すればこそ(1929)」のジョン・フランシス・ディロンが監督、「命を賭ける男(1930)」「ヴァージニアン(1929)」のハワード・エスタブルックが脚色及び台詞、「噂の姫君」「猟奇ホテル」のジョン・サイツが撮影、に当たっている。助演者は「尖端一目惚れ」「ラグビー時代」のロレッタ・ヤング、「都会の女」「情熱のメキシコ」のメアリー・ダンカン、「摩天楼の銃声」のデイヴィッド・マナース、「猟奇ホテル」のシドニー・ブラックマー等で、フォード・スターリング、エドモンド・ブリーズ、モンタギュー・ラヴ等も出演している。

「キスメット(1930)」のストーリー

乞食のハジはバグダッドの大寺院の石段に座って参詣人の喜捨を乞うていた。ある日富裕なシーク体の老人が覆面をして参詣に来たがそれは行方不明の息子と再開が出来るようにとの祈りと知ったハジは帰途を擁してお追従を振りまいた。ところがそれこそ昔ハジの愛妻を奪った宿敵ジャワンであった。ハジは復讐を決行すべく石段を去り、途中で高価な衣装を盗んだ。ハジの娘マルシアナはバグダッドのカリフと恋し合っていた。しかし彼女は恋人を庭師の息子と思い込んでいたのである。ハジは衣装泥棒として訴えられ、捕らえられた。警察長官のマジュルはカリフを殺そうという陰謀を企んでいたのでハジに拷問が嫌ならカリフを殺せと命じた。ハジは奇術師に化けて近づきカリフを刺したが鎖帷子には刃が立たず、ハジは直ちに土牢に鎖縛されて翌朝死刑と決まった。土牢にはジャワンもいれられていたが彼は直ぐに釈放されることになっていた。ハジは苦心の末鎖を切って恨み重なるジャワンを殺して、身代わりとして巧みに牢を脱出した。ハジはマジュルが娘のマルシナアを妾にしようとしているのを救いに行き、マジョルこそジャワンとハジの妻との間に生まれた不義の子であることを発見して殺してしまった。そこへマジュル反叛の証拠を得たカリフが襲って来て、事の次第を聞き、ハジがマルシナアの父親だったので追放だけで死刑は方面された。かくてカリフはマルシナアを正妻に迎えた。

「キスメット(1930)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キスメット(1930)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 W・B・F・N社
レイティング

「キスメット(1930)」のみんなのレビュー

「キスメット(1930)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「キスメット(1930)」を観ているあなたにおすすめの映画