キスへのプレリュード

きすへのぷれりゅーど
上映日
1992年10月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

熱烈な恋に落ちて結婚式を迎えた日、花嫁の魂が式にやって来た老人とすり替わってしまったことから起こる悲劇を描くラヴ・ストーリー。監督は「ロングタイム・コンパニオン」のノーマン・ルネ、製作は「ピンク・キャデラック」のマイケル・グラスコフと「マスカレード 甘い罠」のマイケル・レヴィ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェニファー・オグデン。クレイグ・ルーカスの舞台劇をもとに彼自身が脚色し、撮影は「バットマン リターンズ」のステファン・チャプスキー、音楽は「裸のランチ」のハワード・ショアが担当。

「キスへのプレリュード」のストーリー

出版社勤務のピーター・ホスキンス(アレック・ボールドウィン)は職場の友人テイラー(スタンリー・トゥッチ)のパーティで、リタ・ボイル(メグ・ライアン)という女性を紹介される。2人は意気投合し交際を始め、じきに一緒に暮らすようになる。6週間後、ピーターはリタにプロポーズし、彼女は受け入れ、ピーターはリタの実家を訪ね、父親(ネッド・ビーティ)と母親(パティ・デューク)に挨拶する。こうして、あっと言う間に結婚式が幸福の絶頂の中でとり行われた。式も無事済み、ガーデン・パーティが開かれる中に、見知らぬ老人(シドニー・ウォーカー)が迷い込んで来る。花嫁に祝福のキスをしたいという老人をピーターは不審に思うが、リタは快く受け入れる。その時、日が陰り、一陣の風が吹きぬけた。リタは抱えていた花束を落とし、老人はその場に倒れた。ピーターが老人に駆け寄ると、彼は戸惑ったようにその場から去る。リタはと言えば、何事もなかったかのように食べ物にぱくついていた。だが、ハネムーン先のジャマイカで、リタがまるで別人のように振舞い出した。あんなにいらないと言っていた子供を欲しいと言ったり、不眠症だったのが機内でぐっすり眠ったり。ハネムーン後、2人の心は完全に離れてしまう。そしてついにピーターは、リタが外見は変わらなくても中身は入れ替わってしまっていることを確信した。涙ながらに本物のリタを返してくれと叫ぶピーターは、かつてリタが働いていたバーであの結婚式の日の老人に出会う。その老いた外見の向こうに、自分の愛するリタがいることにピーターは気づいた。理由はよく分からないが、あの日のキスで2人は入れ替わってしまったらしい。早速ピーターは老人を連れてアパートに戻るが、リタは実家に帰ってしまい、彼女の話しか聞いていないリタの父親は、娘を引き取るから電話もしてくるなと忠告する。とりあえず老人の素性を調べるため老人の家を訪ねたピーターは、彼の娘夫婦から、老人はもう余命いくばくもないことを聞き出す。ピーターは2人を元に戻そうと、リタの母親にもう一度よりを戻したいからリタをアパートに連れて来てくれと頼み、母親に連れられてリタがしぶしぶやって来る。ようやくそれぞれの肉体に再会したリタと老人。2人はあのパーティの日、リタは老人に、老人はリタになりたいと思った瞬間があったことを思い出した。すると再び日が陰り、風が吹きすさび、2人の魂と肉体はまた元に戻ったのだった。

「キスへのプレリュード」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キスへのプレリュード」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992年10月24日
製作会社 グラスコフ=レヴィ・カンパニー作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「キスへのプレリュード」のみんなのレビュー

「キスへのプレリュード」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。