帰郷(1965)

ききょう
上映日
1965年9月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウォルター・ゲージのシナリオをTV出身のハーヴェイ・ハートが監督したロマンティック・ドラマ。撮影はラッセル・メティ、音楽はリチャード・マーコウィッツが担当した。出演は「泥棒を消せ」のアンーマーグレット、TV「ベン・ケーシー」のマイケル・パークス、「リサの瞳のなかに」のジャネット・マーゴリン、「ガンファイトへの招待」のブラッド・デクスター、「侵略」のジョスリン・ブランド、「ムッシュ・コニャック」のラリー・ストーチ、「スペンサーの山」のミムジー・ファーマーほか。製作はエリオット・カストナー。

「帰郷(1965)」のストーリー

3年間の海軍生活を終えバス(マイケル・パークス)は家へ帰った。彼は自動車の修理工だったが、サッパリした身なりの仕事につきたいと思っていた。そして幸い、電気掃除機のセールスの仕事がみつかった。バスが海軍に入るすぐ前に、ローレル(アンーマーグレット)という金髪娘と知りあっていたが、バスはすでに母親からローレルは金を目当てに年よりの男と結婚していることを知らされていた。彼女にひかれていたバスは旅行がちの彼女の夫の眼をしのんで逢う瀬を重ねるようになった。そのうちローレルとの愛欲に溺れた不純な情事のため自己嫌悪に陥った。やがて彼はセールスマンはやはり自分に不向きな仕事だったことに気づく。ローレルは彼のためにモデルの仕事を探してやったが、結局ダメで自動車の修理工にもどった。たまたま町の有力者グリスワルド氏の車の修理をして氏に車を返しに行くとそこにローレルが来ていた。彼女は知らぬ顔をする。その夜、兄の不行跡を怒った妹のポーラが兄たちの情事を家族の前でぶちまけた。彼はあえあて否定しなかった。ローレルの家に行くと彼女はグリスワルド氏をもてなしていて彼を会わせたがらない。彼はつくづく考えた。ローレルの醜い正体、自分の変わってきた生活環境……あらためて自分が大人になったとさとったのだった。

「帰郷(1965)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「帰郷(1965)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年9月25日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「帰郷(1965)」のみんなのレビュー

「帰郷(1965)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。