消え行く燈明

きえゆくとうみょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

現代英文学を語るものでキプリングの名を知らないものはない。この映画は氏の原作になった小説に基づいたもので、マッグルー・ウィリスとジャック・カニンガムが脚色し、「シーク」「妻欺くなかれ」等と同じくジョージ・メルフォードが監督した。主役は「冬来りなば」で名声を挙げたパーシー・マーモントと「干潮」「一時間六十仙」「剣劇の響」等出演のジャクリーン・ローガンで、「涙の街」「有閑階級」等出演のシグリッド・ホルムキストや、先日死んだデイヴィッド・トーレンスが共演している。

「消え行く燈明」のストーリー

ポートセッドに漂泊の旅寝を続けているディック・ヘルダースという画家があった。彼は許婚のメイジーを故国イギリスに残して、自らの失敗に恥じて、画家としての成功を収めんものと苦心していた。エジプトに暴動の起こった際トーペンハウという通信員が来て、ディックと知り合い、彼を伴って戦線のスケッチを描かせる事にした。戦争おさまった後トーペンハウはイギリスへ帰ったが、ディックもやがてその後を追ってイギリスへ帰って来た。帰って見ると彼がスーダンの戦線で描いた絵が大評判であったので、一躍彼は流行画家になり、彼はメイジーと会って昔の恋が甦った。トーペンハウはディックの近くに居を構えていたが、一夜ベシー・ブロークという街の乙女を助けた。ディックはベシーをモデルにして絵を描き始めたが、ベシーはトーペンハウと恋仲となった。ディックは卑しい彼女の素性を知っていたので、トーペンハウとの恋を裂こうとしたので、ベシーはこれを恨みに思いディックが戦地で受けた傷がもとで失明したとき彼の描いた傑作を破き、メイジーとディックの仲にも誤解を起こさせた。世界大戦が起こった後、ベシーは自分の過ちを悔いて、メイジーのもとへ行って全てを懺悔し、ディックとの仲を昔に返した。

「消え行く燈明」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「消え行く燈明」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1923
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「消え行く燈明」のみんなのレビュー

「消え行く燈明」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません