キートンの決闘狂

きーとんのけっとうきょう Passionate Plumber
上映日
1932年12月31日

製作国
アメリカ

上映時間
73分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「ニューヨークの歩道」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で「恋愛指南番」「決死隊」と同じくエドワード・セジウィックが監督に当たった。脚本はローレンス・E・ジョンソンが執筆し、台詞はラルフ・スペンスが書いた。カメラは「街の野獣(1932)」「陽気なママさん」のノーバート・ブロディンが担当している。「河宿の夜」のジミー・デューラントが共演し、新進のアイリーン・パーセル、「花嫁選手権」のポリー・モーラン、「ニューヨークの囁き」「銀界の伊達者」のギルバート・ローランド、「情熱の唇」「哄笑の世界」のモナ・マリス、モード・エバーン、ヘンリー・アーメッタ、オーギュスト・トレール等が助演している。

「キートンの決闘狂」のストーリー

鉛管修繕屋のエルマー・タットルは夜光ピストルという新式短銃を発明した。彼はそれをプウシェエ将軍に見せたがっていたが、何よりも先ず一鷹実験したいと思った。ある問い彼はパトリシア・アルデンというお嬢さんの家に、鉛管修繕に赴いた。修繕中突然ズブ濡れなったので着物が乾くまで裸になっているところを、パトリシアの恋人トニイ・ラゴルスに新しい恋の競争者と間違えられ、決闘を申し込まれたのでピストル実験尾後期とばかり喜んだ。しかし決闘は至極無事に済んで新発明のピストルも余り威力を発揮しなかった。パトリシアはトニイが浮気者で他にも恋女を持っているらしいのを苦にしていた。エルマーは一軒以来秘かにパトリシアに恋していたので、パトリシアがトニイの恋人に嫉妬して幾分嫌気がさしているのを幸い何とか者にしようと考える。ところがトニイのスペイン人の恋人ニナもパトリシアに嫉妬して一挙に雌雄を決せんものとパトリシアの家に乗り込んで来た。折柄そこにはエルマーが居て、これこをパトリシアを自分尾者にする好機とばかり彼女を説いてパトリシアとトニイの仲が決裂するように狂言を打とうとした。ところへパトリシアとトニイが却って来たので大騒ぎとなり、揚句ニナはトニイに噛りついて離れずトニイには煮なの方が熱情を持っていることが分かった。かくてエルマーは望み通りにパトリシアを得ることが出来た。

「キートンの決闘狂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キートンの決闘狂」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1932
公開年月日 1932年12月31日
上映時間 73分
製作会社 M・G・M
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「キートンの決闘狂」のみんなのレビュー

「キートンの決闘狂」のレビューを書く

「キートンの決闘狂」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。