キット・カーソン

きっとかーそん
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「ジェス・ジェームス」「先駆者時代」「黒衣の騎士」に次ぐフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右三映画と同じく原作者はフランク・M・クリフトン氏、監督者はロイド・イングレアム氏とアルフレッド・ワーカー氏である。助演者は、「先駆の時代」「ジェス・ジェームス」「一夜の秘密」のノラ・レーン嬢を始め、ラウール・パオリ氏、ドロシー・ジャニス嬢、ウィリアム・コートライト氏等で白銀王が活躍すること例の通り。

「キット・カーソン」のストーリー

四十一年間の長日月西部開拓に奔走し米人とインディアンの融和に功績を残したキット・カースンの青春の頃の出来事である。ニュー・メキシコのタオスの町の酒場にホセファという踊り子がいた。キット・カースンは彼女と恋仲だったが、カースンの先駆隊のシューナンという男はホセファに横恋慕し、カースンを恋敵として恨んでいた。カースンの一隊は政府の命令で北方に探検旅行をしたが一集落のインディアンはこれに敵敵対行動を取る準備をした。とは知らぬ一隊は前進を続けるうちに大熊に襲われているインディアンの娘を発見し、カースンの働きで娘は救われた。彼らがインディアンに包囲された時一行中の黒人スモーキーは逃亡してしまった。が件の娘がこの集落の酋長の娘だったのでカースン等は却って歓迎されたところがシューナンはその夜酋長の娘に暴行を加えんとしたのでカースンは断然彼を追放してしまった。カースンは帰途に就いて第一夜に駄馬に積んだ荷籠の中に酋長の娘が隠れているのを発見した。彼女はカースンに恋していたのだったが彼は娘を説いて諦めさせた。翌朝娘の姿は見えなくなっていた。カースン一行に付纏っていたシューナンは娘を途中で捕らえんとしたため、失恋した乙女は断崖を飛び降りて死んでしまった。カースンは娘の後を追って現場に駆けつけ、同じく娘の捜索に来た酋長の一隊と逢った。娘の死骸を抱いて泣き悲しむ酋長にカースンは復讐してやることを誓いタオスに向かって急行した。途中彼らは別々のインディアンに捕らえられたがその酋長というのが黒人のスモーキーだったのでカースンはその助勢を得てタオスに帰り、町を占領していたシューナンを捕らえ、彼を一騎打ちの決闘をしてインディアンの娘の恨みを晴らしてやり、ホセファと結婚した。

「キット・カーソン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キット・カーソン」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「キット・カーソン」のみんなのレビュー

「キット・カーソン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。