キッス

きっす
上映日
1990年2月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

キスによって伝えられた魔力が次々と引き起こす悲劇を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・B・ルイス、監督のぺン・デンシャムがジョン・ワトソンと共同製作、脚本はスティーブン・ヴォルクの原案を基に彼とトム・ロペルースキー、撮影はフランソワ・プロタット、音楽はJ・ピーター・ロビンソンが担当。出演はジョアンナ・パクラ、メレディス・サレンジャーほか。

みんなのレビュー

「キッス」のレビューを書く

「キッス」のストーリー

ヒラリーは長らく行方不明だった姉のフェリス(ジョアンナ・パクラ)から連絡を受け不吉な予感がしたとたん、暴走自動車にはねられ死んでしまう。5カ月後、やっと落ち着きを取り戻したヒラリーの娘エイミー(メレディス・サレンジャー)の前にフェリスが現われる。フェリスは実は4年前アフリカで魔力にとりつかれた叔母のキスを受け超自然的な力を帯びるようになったのだ。翌日、エイミーの友人がエスカレーター事故で死亡、叔母の発する妖気を怪しんだエイミーが調べると、奇妙なトーテムポールと血のついたヘザーのサングラスが--。驚いて恋人のテリーに打ち明けるが、彼はフェリスの悪魔の儀式を目撃した直後、トラックにはねられ死ぬ。エイミーは教会に逃げるが、神父は魔力によって焼き殺されてしまう。一方、エイミーの友人で看護婦のブレンダ(ミミ・クジャック)はフェリスの血を分析して、それが死人のものであることを知り、エイミーの父親ジャック(ニコラス・キルベルタス)と共に救出に向かうが、その時まさに魔力を伝えるフェリスの口づけがエイミーの唇に迫ろうとしていた。しかし間一髪のところを何とか助け、今度は反撃をする。ついにフェリスを殺すことに成功し、一家に平和が訪れるのだった。

「キッス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キッス」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1990年2月10日
製作会社 トリロジー・フィルム作品
配給 トライスター映画=コロムビア・トライスター映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「キッス」のみんなのレビュー

「キッス」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません